はじめましてと目次<EXO妄想BL小説>

2022.04.08 04:12|TOP

はじめまして、「虹を求めて」にお越しいただき、ありがとうございます。

当ブログの管理人「みむ子」と申します。

どうぞよろしくお願いします。

現在こちらでは<EXO妄想BL小説>を扱っております。


少しわたしのことを記しておきたいと思います。

わたしは東方神起、EXO、のファンです。

ビギストでありEXO-Lでもあります。

しかしその他のSMファミリーも好きです。

他事務所でも好きなボーイズグループもガールズグループも、あります。

i KONやBTSやTWICEがたまにつぶやき記事に登場したりします。

それぞれのグループで、「この子推し!」という子がいます。

しかし今、EXOでは、それを決めかねています。(笑)

(ちなみに前は誰をおいてもセフンたん!だったんですが、そのあとベクちゃんが急上昇し、今ではD・Oもじわじわ来てます(笑))

でも他のグループは決まっています。

(ちなみに書けば、i KONはジナン、BTSはジミンちゃん、TWICEではサナとダヒョン、あっ、レッベルのスルギもかなり好きです!)

とかなりあちこちに気があります。

そんなわたしですが、どうぞよろしくお願いします。





そして、お話が多くなってきたので、簡単なあらすじを含めた目次を作成してみました。

初めてお越しになった方は、こちらを利用していただけると便利かと思います。

(↓タイトルをクリックしていただけると第1話に飛びます。2017.09.20現在のものです。)

EXO・BL小説パラレルNO・1
金色の雨が降る=幼馴染のセフン×ミンソク(シウミン)。セフン高校生1年生。ミンソク大学2年生。恋人同士になるまで。完結しています。

EXO・BL小説パラレルNO・2
小さな世界=高校生のベッキョンとミンソクはバイト仲間。それぞれの恋愛模様を描いています。ベッキョン→チャニョル、ミンソク←セフンです。しかしそうなるまでにはいろいろとあります。完結しています。

こんな運命=小さな世界に登場したベッキョンの中学時代の先輩ギョンスのお話。ギョンス×ジュンミョン、ジュンミョン×ギョンス、リバありです。完結しています。

おいつきたくて=小さな世界で恋人になったベッキョンとチャニョルの初デートの様子です。ベッキョンサイドのお話でベッキョンがかなりぐるぐるしています。完結しています。

わかってない=小さな世界のチャニョル×ベッキョンが恋人になって初めての夏のお話。(といっても夏はあまり関係ありません)チャニョル語りでおいつきたくてのアンサーストーリーのようなものです。完結しています。

そつたくどうじ=おいつきたくてのチャニョル×ベッキョン。おいつきたくての最終話から、そのまま続いています。ベッキョンが少しだけコンプレックスを克服します。ベッキョンとチャニョルの視点が入れ替わります。完結しています。

EXO・BL小説パラレルNO・3
「正×20=100」になったら=高校生のセフン×ミンソク(シウミン)。セフン高校1年生、ミンソク高校3年生。オールメンバー登場予定の一話完結シリーズを予定。(現在更新停滞中)

EXO・BL小説リアルNO・1
フワフワとミルク=リアル設定のセフン×ベッキョン。出会いから恋人になるまで。リアルの時間軸をベースに進んでいます。完結しています。

君に捧ぐ=フワフワとミルクに登場のギョンスのお話。ちょっと難解ギョンスです。完結しています。

はがゆい君=君に捧ぐの続編、チャニョル×ギョンス。ちょっとヘタレなチャニョルと難解ギョンスです。完結しています。

君のすべてを=はがゆい君の続編。チャニョルサイドで「2人の初夜」まで。完結しています。

EXO・BL小説リアルNO・2
僕は未来人=セフンが未来人設定。お遊び的なお話です。セフン×シウミン。(現在更新停滞中)

EXO・BL小説リアル短編(単発もの)
月よ星よ=リアル設定のセフン×シウミン。前後編です。
嘘もいつかは恋になる=リアル設定のセフン×D・O。一話完結です。
ふくらむ・はじける=リアル設定のベッキョン×D・O。一話完結です。
攻防戦=リアル設定のレイ×スホ。リクエスト企画にお応えした一話完結です。

EXO・BL小説リアル短編(シリーズもの)
☆2017a-nation出演記念短編シリーズ(a-nation出演時、2人×4種類の衣装で登場したEXOを見て、同じ衣装を着ている2人をカップリングにして書いたものです。そしてEXO企画参加に伴い、企画誘導目的もありました。企画詳細←クリックすると企画詳細の記事に飛びます)
Don't go=リアル設定のベッキョン×スホ。これから始まるであろう2人の一話完結です。
Drop that=リアル設定のシウミンとチェン。セフン×シウミン・カイ×チェン。2つのカップルの受け側の2人の一話完結です。
Lotto=リアル設定のセフンとカイ。Drop thatとは逆の攻め側2人の一話完結です。
Coming over=リアル設定のチャニョル×D・O。別れの危機を乗り越える2人の一話完結です。


では、長々とお付き合い下さりありがとうございました。

そしてこれから、どうぞよろしくお願いします。



みむ子





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

とりあえず、昨日のレポもどき、から。

2018.01.29 21:19|mutter(つぶやき)

こんばんは。

昨日のライブ参戦で筋肉痛になっているおばさんです(笑)

ライブの時って、知らず知らずのうちに変なところに力が入っているようで、いつも翌日筋肉痛になるんですよね。

だいたいいつもは腕とかなんですが、今回はまさかのお尻!です><

たぶん着席指定(だったのかな?)の席だったので、ずっと座っていたのですが、前のめりになっていたことが多かったからかなと。

あと足の裏!というか土踏まずの辺りが、かなり痛い(;_;)

これはなんででしょうか?←わかる訳ない(笑)


まぁ、私の筋肉痛のことは置いておき、昨日はとても楽しい一日でした!

ご一緒してくださった方、本当にいろいろありがとうございました

たくさんのいただき物も本当にありがとうございました(*^_^*)

しかも私の暗い話まで聞かせてしまい(笑)申し訳ない思いもございました。

しかしとても広いお心で受け止めてくださいまして感謝でございます。

これからも何かの時は、いや、何かなくともよろしくお願いいたします!


さてさてライブのレポもどきでございます。

昨日はさいたまスーパーアリーナの400LVでした。

ステージを見て右側の2階席、アリーナの真ん中にある太めの通路が真っ直ぐ目の前に通っている感じの席でした。

上からメインステージ、花道から両サイドに伸びる小さなステージ、バックステージが全て見渡せました。

横からで少し遠かったですけど(笑)

でもメンバーが何しているかわからない、ということはありませんでした。

距離はありましたが、なかなか見やすい席で良かったと思います。

開演前にご一緒してくださったチングさんから「今日は誰を見るの?」と聞かれ、その時は「セフン?」「ベクちゃん?」と悩んだのですが、始まってみたら「セフンガン見」状態でした(笑)

そしてもう一人、私の視線を奪うメンバーがおりました。

ベクちゃんではなく、D・Oです!

D・Oはたぶん凄くライブが好きなんだろうな、と思いました。

凄く楽しそうな嬉しそうは顔して歌って踊ってるんですよ。←私の主観

それが伝わってくるので、こちらまで楽しく嬉しくなる!って感じでした。

Mentは少々苦手なんだろうなとは思いますが(笑)←なんだったら安室ちゃん方式でMentなしのライブで、全然いいですけどね!

そしてやはり私はD・Oの声が歌が好きなんだなと思いました。

ベクちゃんとD・Oの声と歌、甲乙つけがたし!です。

そもそもメインボーカルである2人ですが、その役割は若干違っておりますので、甲乙はつけられはしないのですが。

正直、もう既に記憶が曖昧で(苦笑)、あまり詳 しいことは覚えていませんが、セフンのソロから始まるセクションが「ライブってこういうのだよね!」という感じがしました。

Electric Kiss→Coming Over→Run This→DropThat→POWER

一曲一曲は大好きってほどでもない曲ばかりなんですが(おい!)、POWERなんかはやはりライブだと盛り上がるし、また違った印象になってよかったです。

日本語曲はスルメのようで(笑)聞けば聞く程よくなってくるって感じです。

それにライブ向きかなって思います。

衣装もスーツ(2種類、シックな感じと白色)も良かったですが、このセクションの感じも良かったです。

メンバーみんな違う衣装だけど、黒と赤を基調としていて、まとまりもあって。

ただ一つ言いたいのは、セフンの衣装が黒のライダースに黒のパンツ、さらに中のシャツも黒系に赤のライン?が入ったもので、全体的に黒い!(今ちょっと思い出してみましたが、他のメンバーも黒かった人いたようないないような…。)

照明も落とされているし、今は髪色も黒だから、本当に黒い!

ステージ近くの人はいいかもしれないけど、遠い席からだと見づらい!

双眼鏡で見てもよく見えなかったくらい><

あれはもう少し考えて欲しいな~と思いました。


とにかく約3時間強のライブはあっという間でした!

いつも書くことですが、生バンドではないこと、演出が日本仕様ではないこと、などから「見せる」「魅せる」ということがまだ十分ではないような気もしますが、でもとっても楽しい時間でした。

もう一つ欲を言えば、トロッコで回った時、400LVにも手を振ってくれ!ということでしょうか(笑)

でも本当に楽しかったです!

来月の京セラに参戦される方も、是非楽しんできてください!


そして本日、重大発表がありましたね!

EXO-CBX日本ライブツアー!だそうですよ!

遠征は無理なので行けるのは横浜アリーナのみ!

日程はGWすぐ後、行けそうです(^o^)丿ヤッター

でもね、その翌月の6月、トンの日産ですよ(^_^.)

今、ベクちゃんとユノを日程的なことも含めて天秤に掛けると、ベクちゃんなんだよな…。

そうでなくても、毎月ライブとか、無理でしょう…。

その前、3月にトンのペンミもあるし(*_*)

ああどうしましょう(@_@;)


悩みが尽きぬところで、失礼いたしたく思います。

それと、お話はもう少しお待ちいただくことになりそうです。

すみません。

では、少し早いですが、おやすみなさいませ。




ランキングに参加しております。よかったら応援のぽちをお願いいたします。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




拍手、ランキングへのぽち、いつもありがとうございます。

雪に喜ぶ犬、そして日産3day'sに喜びきれない私?

2018.01.23 20:30|mutter(つぶやき)

こんばんは。

昨日の雪、凄かったですね。

予報よりも降り始めが早く、そして最初から雪だったので、積もり始めるのも早かったですもんね。

我が家にはワンコがいるのですが、その子が家の中でトイレができない!子なのです><

雨が降ろうが槍が降ろうが外に連れて行かないといけなくて…。

そして昨日、仕事から帰り、もう4~5センチ積もった公園(家の前にある)に連れて行ったら、なんと!誰も歩いていない雪野原で「い~ぬは喜び庭駆け回り」を体現しておりました!

しかしそれ以上積もるとダメらしいです(笑)

今朝は誰も歩いていない真っ白な雪野原を前に悩んだ末、引き返しておりました。

犬は目線が低いですから、1センチでも違えばだいぶ違いがでるのでしょう。

人間と違って。


さてさて、昨日は大雪でしたが、その前日は東方神起の「ビギアゲ」ツアーのオーラスでしたね。

今回もオーラス詐欺がありましたが(笑)、終わってしまえばとても早かったなと思います。

私が参戦したの11月でしたもんね。

そして残念ながらWOWOWには加入しておりませんので、オーラスの生中継は見れませんでした。

で、そこで日産3day'sが発表になったんでしょうかね。

私は2人になってからのペンで、TONEツアー以降、一応毎ツアー1度以上は参戦しておりまして、その中でもやはり日産は別格?な感じでした。

だから今回も絶対に行きたい!と思ってるんですが…。

6月の初旬て運動会とかあるんですよ。

さすがに運動会終ってから日産スタジアムは、間に合わない…(;_;)

それにもしうちの運動会と被らなくても、近隣の小中学校はわからないので、仕事休めるかどうか…。

とりあえずチケットは確保しておいて、もし無理だったらお譲りするとか、かな。

でも譲れるかどうかわからないしな…友だち少ないので(笑)

ということで、凄く悩んでおります。


そして最後に今日のことなんですが、ちょっと身体的にも精神的にもハードな一日でした。

どうしても外せない予定が朝からあり、いつもは自転車で10~15分ほどの駅までの道を歩きました。

バスなどもあるんですが、とても遠回りなのと時間が読めないので徒歩で。

往復にすると1時間は歩いた感じでしょうか(^_^.)

帰りは長男に迎えに来てもらおうと思ったのに、まだ起きてなかったという!

そして帰ってきて家の前と私道の雪かきをしました。

私道が家の北側にあり、いくら天気が良くても融けることはく、しかも駐車スペースがその私道からなので、雪かきしておかないと
帰宅した旦那の車が停められなくなるかもしれないと思い頑張りました。

といっても、旦那にとったら「恩着せがましい」と思うのだろうけど(笑)

えーと、精神的にハードだったことは、また別の機会に書きます。

今書くと、ちょっといろいろ気を遣わせてしまいそうなので←誰に?(笑)

あとジョンヒョンの遺作MVが公開になったようですね。

私はまだちょっと見れそうになく…。

もう少し落ち着いたら見ようかな。

特に今日はダメですね(苦笑)


ということで、EXOさいたま公演まで、あと4日ですね!

私はあと5日ですが!

それを楽しみにします!


本当に最後になってしまいましたが、お話へのコメントありがとうございます

お返事はもう少しお待ちいただけると嬉しいです。


そしてまた近いうちにお会いできればと思います。

みなさま、風邪などお気をつけくださいませ。

では!



ランキングに参加しております。よかったら応援のぽちをお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



拍手、ランキングへのぽち、いつもありがとうございます。

【2017Winter Album 記念】Café universe 1号店「恋が知りたい」(セフン)


どれだけ好きになれば、忘れられない恋になるの?
忘れらない恋があったら、次の恋をしてはいけないの?

恋ってなに?
どんな気持ちになると恋なの?
好きってなに?
どんな気持ちが好きってことなの?

恋ってなに?
好きってなに?

恋ってわからない。
好きって難しい。

人並み以上の容姿のおかげで彼女ができないと困ったことはない。
来る者拒まずでいれば、彼女いない歴は長くても数日で終わる。

告白されて付き合って、一緒にいて手を繋いでキスをする。
付き合い始めて少ししてセックスをすれば、セフンの中でそれは立派な恋愛だった。

だがいくら女の子に困らない、セックスも簡単といってもセフンは二股は絶対にしなかった。
付き合えば優しくしたし、セックスだっておざなりにしたことはない。
彼女の要望には最大限応えるようにもしていた。

しかし「私のこと好き?」という問いかけに答えることはできなかった。
自分が今しているのは恋愛だと思うが、好きという気持ちがどういった気持ちか分からない。
だから「好き」だと答えることができず、だいたい最後はフラれるのだ。

そしてそんな繰り返しの中でセフンは疑問を持つようになる。
「私のことを好きか?」と聞いてきたこれまでの彼女たちも、自分のことを「好き」だったのだろうか。
ただ見てくれが良いだけの自分を侍らせていたいだけだったのではないか。

そうしてちょうどそんな疑問を抱え始め、就活が始まった頃だった。
一緒にいたカフェのテーブルに両肘を着き、そこから伸びる両腕を不自然なほど近づけ、その間にある胸を寄せ強調し、さらに小首を傾げながら瞬きを繰り返し「私のこと好き?」という、定型文のような彼女からの問いかけが耳に届き、セフンは初めて大きな溜息を吐いた。
数か月付き合ってきた彼女だったが、初めて見る子のようだった。
それもそのはず、まじまじとその子の顔を見たのは本当に初めてだったからだ。

世間一般に見れば可愛いタイプの子だ。
くりくりとした大きな目元が少し垂れ気味で、それが甘ったれを象徴しているように見える。
ぷるぷるとした厚めの唇は意識的に少し窄められているが、あまりのわざとらしさに、もう一度溜息が出た。

セフンはそんな彼女に何も答えず席を立った。
背中に女性特有の金切声の怒声が届いた。
しかし足を止めなかった。

その後すぐにメッセージアプリが別れの言葉を運んできた。

それからセフンは「来る者拒まず」を止めた。
ずっと誰からの告白も断り続けた。
いつしか女の子も周りからいなくなった。
だが、どことなくせいせいしている自分がいた。

彼女に合わせた行動をしなくていい。
一緒にいて優しくしなければと気を遣わなくていい。
そんな気がないままに始まるセックスをしなくていい。
1人でいることがこれほど楽なのだとセフンは初めて知ったような気がした。

そしてその流れのまま、一般企業への就職に魅力を感じなくなった。
誰でもできる仕事ではなく、自分にしかできない仕事をしたいと思った。
それが何かはまったくわからなかったが、セフンは周りが躍起になって作り上げていた自己PRカードやエントリシートなどの作成をいち早く放り投げた。

Café universe 1号店

新規開店のカフェを一緒に始めてみませんか?
そんな誘い文句だったにもかかわらず、既に店内は明日にも開店できるほどの仕上がりを誇っていた。

「なかなか応募がなくて困ってたんだ。さすがに1人じゃオープンできないから。」

そう言ってはにかんだ少女のような笑みを浮かべた人はキム・ミンソクと名乗り、手元のセフンの履歴書を見ながら、君より4歳年上だと言った。
それにセフンは少なからず驚いた。
確かに落ち着いた話し方だが、見た目はとても20代後半に差し掛かっているようには見えなかった。
それこそ自分と同じように応募してきた新卒見込み者かと思うほどに。
だから年齢の話しは、軽く聞き流してしまった。
いくらそうは見えないからと言って、これから上司になるかもしれない4歳も年上のれっきとした男に「可愛いですね」などという言葉は、まったく褒め言葉になどならないとわかっているからだ。

「一緒に、なんて募集したくせに、ここまでできあがっちゃっててがっかりだったかな?」

それでもやはり可愛らしい笑顔を浮かべ、そんなことを言われれば、セフンは目の前の彼から視線を逸らし、真新しい店内へそれを向けるしかできなかった。
正直なことを言えば、店内の内装もカトラリー類も、自分の好みではなかった。
それにこれがやりたい仕事で自分にしかできない仕事か、と聞かれても自信を持って「そうだ」とは言えない。

「この店内を見て、少しでも働いてみたいって思ってくれたら、即採用したいんだけど。」

しかし雪うさぎのような真っ白で可愛らしい笑顔でそう言われたら、セフンは小さな嘘をつくことしかできなかった。

「とても気に入りました。ここで働きたいです。」

それからおよそ2年が経つ。
今、自分が仕事を休めばミンソクは困り、店の営業はままならないだろう。
そしてもし店で何かが起こったら、自分しかミンソクを助けられないという自負がセフンにはある。

それが恋という気持ちから来ているのかどうかはわからない。
まだ好きだとか恋だとか、そういったことがよくわからないからだ。

けれど。

彼と一緒にいたい。
彼に触れたい。

セフンは初めて、そう思った。
そして初めて、自分から近づいた。

手を重ね握った。
キスをした。

体を繋げた。



ランキングに参加しております。よかったら応援のぽちをお願いいたします。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



拍手、ランキングへのぽち、いつもありがとうございます。

【2017Winter Album 記念】Café universe 4号店「忘れたふりの恋」(D・O)


忘れたふりの恋などするものじゃない。

確かにあの時、目が合った。
言葉など、交わさなかったけれど。
目は口ほどにものをいう、というじゃないか。
気持ちは一緒だったと思ったのは、自惚れだったのだろうか。

数年のブランクなど、無いに等しい。
再び目が合った時、忘れたはずの恋が、まだ終わっていなかったことを知った。
そしてそれはまた、相手も同じ思いだとギョンスは自惚れてしまいそうだった。

「初めまして。キム・ジョンデです。」

そう彼が言うまでは。
あまりの驚きで、高校の同級生だったと告げられなくなった。
瓜二つの別人かと、何度も手元の履歴書を見直してしまった。
しかし何度見ても同姓同名で、同じ学年で、卒業校も同じだった。

「こちらこそ、初めまして。」

けれどギョンスは、思わずこう言ってしまったのだ。
こちらだけが覚えているなんて、あまりに不公平ではないかと、おかしなプライドのようなものが真実を告げる邪魔をした。

「素敵な店になりそうですね。是非ここで働きたいです。」

数年前と変わらない邪気のない下がる眉の笑顔。
その笑顔につられるようにしてギョンスも微笑み、新規開店前の店内を見回した。

Café universe 4号店

まだまだ内装工事途中の店内。
その片隅でオーナー肝煎りの従業員候補との面接。
そこに現れた高校の同級生。
目の前には変わらない笑顔。

同じクラスになったことはなかった。
部活も違った。
共通の友人もいない。
時折廊下ですれ違う程度の同級生。

けれどその廊下ですれ違う時。
移動教室で彼の教室の前を通る時。
食堂でテーブルを探している時。
彼が部活へ向かう時。
自分が下校する時。

ありとあらゆる時、目が合った。
目が合うということは、見ているのは自分だけではない、ということに気づくのに、それほど時間はかからなかった。
しかし、それ以上のことはなかった。

同じクラスになることも。
同じ部活に入ることも。
共通の友人ができることも。
廊下ですれ違う程度の同級生以上の間柄になることは、結局なかった。

だがギョンスは感じていた。
かち合う視線の中に、熱いものが含まれていることを。
そしてそれは彼だけでなく自分もまた、同じものを孕んでいたことを。

けれど自分は臆病者だった。
告白どころか近づくことさえできなかった。
結果、こうして数年で忘れられてしまったのだ。

「オーナーとはどういったご関係で?」

しかし自分の中ではけして終わってはいなかった。
忘れたと思っていたのは、忘れたいと思っていた心が齎したものだろう。
今度こそ、こうして顔と顔と合わせ、名前を名乗り合っているのだから、何かを引き起こしたい。
その為には今の彼を知りたい。
だがそう思った自分をギョンスはすぐに激しく後悔する。

「ああ、聞いていませんか。あまり大きな声では言えませんが…恋人です。」

眉を下げ、口角を上げた唇に人差し指を立て、目の前の彼は最後の言葉だけトーンを下げた声で、だかはっきりとそう言った。
その顔と仕草、そして魅惑的な薄い唇が繰り出した言葉を聞いて思い出す。
そういえば一度だけ言葉を交わしたことがあったことを。

高校の図書室。
大きな本棚の棚と本の上部の隙間から見える向こう側。
1年生と3年生の色違いのネクタイを締め見つめ合う男子生徒2人。

『あんまり大きな声じゃ言えないけどさ…あの2人、できてるって噂だよ。』

驚き振り返りると、そこには自分と同じ2年のネクタイを締めた彼がいた。
相変わらず下がった眉と薄い唇。
その前に立てられたすっとした人差し指。
そして小さな声で囁かれた『内緒だよ』という声。

だが突然の目の前に現れた人物が彼であったことにさらに驚き、やはり小さな声で『うん』と答えるのがギョンスには精一杯だった。

あの時もし、もっと何か違う言葉を返せていたら、今が違っていただろうか。
そこから会話を広げて、せめて友人になっていれば、こんなふうに忘れられてしまった存在にならず、忘れたふりなどしなくて済んだだろうか。

「…そうなんですね。大丈夫です。誰にも言いませんから。」

そして忘れたふりをしますから。
ギョンスはその言葉を心の中だけで続け、ジョンデを従業員として採用する旨を告げた。




ランキングに参加しています。よかったら応援のぽちをお願いいたします。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



拍手、ランキングへのぽち、いつもありがとうございます。
| 2018.02 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

みむ子

Author:みむ子
K-POPグループEXOのBL妄想小説置いてます。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

デフォルトカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ