FC2ブログ

はじめましてと目次<EXO妄想BL小説>

2022.04.08 04:12|TOP

はじめまして、「虹を求めて」にお越しいただき、ありがとうございます。

当ブログの管理人「みむ子」と申します。

どうぞよろしくお願いします。

現在こちらでは<EXO妄想BL小説>を扱っております。

私の勝手な妄想ですのでEXOのメンバーとは一切関係ございません。


さて始めに少しわたしのことを記しておきたいと思います。

わたしは東方神起、EXO、のファンです。

ビギストでありEXO-Lでもあります。

しかしその他のSMファミリーも好きです。

K-POP全般が好きです。

その中で特別「東方神起」と「EXO」が好き、というふうに思っていただければと思います。

そして東方神起ではユノペン、EXOではベクペン(公言するようになりました!)です。
(ちなみに前は誰をおいてもセフンたん!だったんですが、そのあとベクちゃんが急上昇しました。)

他のグループでも、「この子いいな」という子がいます。

例えば、i KONはジナン、BTSはジミンちゃん、TWICEではサナとダヒョン、レッベルのスルギもかなり好きです!

とかなりあちこちに気があります。

そんな私ですが、どうぞよろしくお願いします。





そして、お話が多くなってきたので、簡単なあらすじを含めた目次を作成してみました。

初めてお越しになった方は、こちらを利用していただけると便利かと思います。

(↓タイトルをクリックしていただけると第1話に飛びます。2019.02.16現在、編集途中です。)

EXO・BL小説パラレルNO・1
金色の雨が降る=幼馴染のセフン×ミンソク(シウミン)。セフン高校生1年生。ミンソク大学2年生。恋人同士になるまで。完結しています。

EXO・BL小説パラレルNO・2
小さな世界=高校生のベッキョンとミンソクはバイト仲間。それぞれの恋愛模様を描いています。ベッキョン→チャニョル、ミンソク←セフンです。しかしそうなるまでにはいろいろとあります。完結しています。

こんな運命=小さな世界に登場したベッキョンの中学時代の先輩ギョンスのお話。ギョンス×ジュンミョン、ジュンミョン×ギョンス、リバありです。完結しています。

おいつきたくて=小さな世界で恋人になったベッキョンとチャニョルの初デートの様子です。ベッキョンサイドのお話でベッキョンがかなりぐるぐるしています。完結しています。

わかってない=小さな世界のチャニョル×ベッキョンが恋人になって初めての夏のお話。(といっても夏はあまり関係ありません)チャニョル語りでおいつきたくてのアンサーストーリーのようなものです。完結しています。

そつたくどうじ=おいつきたくてのチャニョル×ベッキョン。おいつきたくての最終話から、そのまま続いています。ベッキョンが少しだけコンプレックスを克服します。ベッキョンとチャニョルの視点が入れ替わります。完結しています。

愛をする人・愛をされる人=小さな世界に登場した4組のカップル(チャンベク・フンミン・ドスホ・レイルー)の2年後のお話。それぞれのカップルに試練や葛藤があります。完結しています。

あなたの理論に則すれば=【2018年チャニョルセンイル記念のお話】愛をする人・愛をされる人で描ききれなかったお話。ベッキョン×チャニョルです。これまでとは違いリバです。完結しています。

見ぬは極楽・知るは煩悩=あなたの理論に則すればでリバしたベッキョン×チャニョルの、その後のお話。ベッキョンの男の本能が開花?(笑)します。完結しています。

EXO・BL小説パラレルNO・3
「正×20=100」になったら=高校生のセフン×ミンソク(シウミン)。セフン高校1年生、ミンソク高校3年生。オールメンバー登場予定の一話完結シリーズを予定。(現在更新停滞中)

EXO・BL小説パラレルNO・4(My Visual Kingシリーズ)
恋に見た目は何パーセント?=カリスマモデル「セフン」に憧れる会社員ミンソクのお隣に見た目残念な大学生「テフン」が引っ越してくるお話。完結しています。

・100%、思いっきり恋してます!=準備中

EXO・BL小説パラレルNO・5(2018 CBX TOUR 記念)
めざせ!THE GREATEST SHOWMAN!==【2018 CBX LIVE TOUR <MAGICAL CIRCUS>】の世界観をみむ子なりの解釈で妄想したお話。サーカス団で曲芸を披露しているチェンベクシの3人が隣国のショーマン「東方神起」に憧れショーマンを目指しながら、恋にも奮闘する姿をコメディータッチに、そして少々ファンタジーな世界観で描きました。レイ×チェン・チャニョル×ベッキョン・セフン×シウミン(カイ×D・O・タオ×スホも少々)。完結しています。

EXO・BL小説リアルNO・1
フワフワとミルク=リアル設定のセフン×ベッキョン。出会いから恋人になるまで。リアルの時間軸をベースに進んでいます。完結しています。

君に捧ぐ=フワフワとミルクに登場のギョンスのお話。ちょっと難解ギョンスです。完結しています。

はがゆい君=君に捧ぐの続編、チャニョル×ギョンス。ちょっとヘタレなチャニョルと難解ギョンスです。完結しています。

君のすべてを=はがゆい君の続編。チャニョルサイドで「2人の初夜」まで。完結しています。

EXO・BL小説リアルNO・2
僕は未来人=セフンが未来人設定。お遊び的なお話です。セフン×シウミン。(現在更新停滞中)

EXO・BL小説リアル短編(単発もの)
月よ星よ=リアル設定のセフン×シウミン。前後編です。
嘘もいつかは恋になる=リアル設定のセフン×D・O。一話完結です。
ふくらむ・はじける=リアル設定のベッキョン×D・O。一話完結です。
攻防戦=リアル設定のレイ×スホ。リクエスト企画にお応えした一話完結です。

EXO・BL小説リアル短編(シリーズもの)
☆2017a-nation出演記念短編シリーズ(a-nation出演時、2人×4種類の衣装で登場したEXOを見て、同じ衣装を着ている2人をカップリングにして書いたものです。そしてEXO企画参加に伴い、企画誘導目的もありました。企画詳細←クリックすると企画詳細の記事に飛びます)
Don't go=リアル設定のベッキョン×スホ。これから始まるであろう2人の一話完結です。
Drop that=リアル設定のシウミンとチェン。セフン×シウミン・カイ×チェン。2つのカップルの受け側の2人の一話完結です。
Lotto=リアル設定のセフンとカイ。Drop thatとは逆の攻め側2人の一話完結です。
Coming over=リアル設定のチャニョル×D・O。別れの危機を乗り越える2人の一話完結です。


では、長々とお付き合い下さりありがとうございました。

そしてこれから、どうぞよろしくお願いします。



みむ子





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

お知らせ

2019.03.16 00:23|未分類

こんばんは。

こんな時間に失礼致します。

現在連載途中ですが、しばらくの間お休みさせていただきます。

楽しみに待っててくださっている方には大変申し訳ありません。

再開がいつ、ということも今はなんとも言えない状態です。

できればシウミンセンイルとか書きたいんですが、それもどうなることやら。

ということで、またお会いできる日まで!


100%、思いっきり恋してます!=13(セフン×シウミン)


年齢を重ねれば重ねるほど、恋愛経験がないということを口にできなくなった。
最後に友人にそういったことを話したのは大学生の時で、その時少々の嘲笑に晒された気がして、それからは口を噤むようになった。
過去のトラウマが原因でそうなったとはいえ、自分ではあまり恥ずかしいという気持ちはなかったが、世間一般にはそういうことなのかと思ったら言えなくなった。
そしてそんな状態が続いていくうちに世間に毒されてしまったのか、やはり恥ずかしいことなんだと思い込んでしまうようになっていたらしい。しかしジョンインに肯定され、自分は間違っていないと思い直すことができた気がする。

「俺もチャニョリヒョンとしか付き合ったことないです。でも恥ずかしいとか思ったことないですよ。いろんな人と付き合うことも世界が広がるっていう意味ではいいことかもしれないけど、それを自慢したり、みんな同じようにっていうのは違うでしょう?それに俺は本当に大事なものは少なくていいと思ってるので全然平気です。だって人間ってふたつしか<手>ないから。つまりふたつしか荷物は持てないんですよ。俺はダンスとチャニョリヒョンだけで十分です。」

しかも凄く真面目にこんなことを言われ、なんだか感動さえしてしまった。とはいえ、これまでのジョンインの幼稚な言動とのギャップに面食らったが。

「なんかジョンイン君のこと誤解してたかも…。凄く幼いのかと思ってた。ごめんね。」
「いえ、子供なのは本当のことですから。」

実際、本当に幼い考えしかなければ自分のことを「子供」だとは言えない。やはりこのジョンインという青年にはアンバラスさがあるなとミンソクは思った。そしてそのアンバランスさがチャニョルにとっては魅力なのかもしれないとも思った。

「ところでジョンイン君ってダンサーなの?」

なんだかんだと話し込み二杯目はココアを作ったところでミンソクは聞いた。さっきはさらっと聞いてしまったが、ジョンインにとって大事なもののひとつだというのだから、そこは聞いておこうと思った。

「はい。今はヒップホップを中心にしたダンスをやってます。ダンサー専門のプロダクションとかに所属できると少しは安定するんですが、いろいろと事情があって…。なのでバイトして、そのお金でスタジオ借りて練習して、って感じです。だからいつもお金なくて携帯もガスも電気も水道も止められて家賃も…。本当にミンソクさんには迷惑かけてしまいました。」

いろいろな事情とやらも気になったが、さすがにそこまでは突っ込めなかった。

「俺の母親とチャニョリヒョンの母親、あとセフンの母親もですが、幼馴染なんです。だから俺たち生まれた時から一緒だったんです。だけど俺とチャニョリヒョンの付き合いに母親たちが反対して。それに俺がダンサーになることにも反対で。だから家を出るしかなくて…。」

しかしミンソクが突っ込まなくともジョンイン自らが口を開いてくれた。しかもメロドラマを地で行く話しでもある。

「他にもいろいろあるんですけど、これ以上はセフンのことも関係してくるので、あいつから聞いてください。ミンソクさんまだあいつの実家のこととか聞いてないでしょう?俺の口からあいつのこと話すわけにはいかないので。」

やはりジョンインは分別のつく大人ではないかとミンソクは思った。確かに恋人のことは本人から聞きたいと思うのは当然だ。

「じゃあさ、ジョンイン君とチャニョル君のこと、もう少し聞かせてよ。」
「いいですよ。」

誰かと恋愛話ができることなどないと思っていたミンソクは修学旅行の夜のような気分でウキウキしていた。




~続く~


ランキングに参加しています。よかったら応援のぽちをお願いします。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


拍手、ランキングへのぽち、いつもありがとうございます。

100%、思いっきり恋してます!=12(セフン×シウミン)


機械を通した会話特有の少しざらついたような2人の声にセフンは耳を傾ける。

『ミンソクさん、もしかして恋人できたの初めてですか?』

―――まさか!そんなわけないじゃないか!ジョンイナはわかってないな~

顔の見えないミンソクの「恋人同士は一緒にいる時なにをすればいい?」という問いに対するジョンインの質問返しに、セフンは鼻で笑った。確かにミンソクには年齢にはそぐわない初々しいような部分はあるが、それは性格などからくるもので、こういった質問をしたのも、自分をよく知っているジョンインだからだと思った。

『…恥ずかしいけど…そうなんだ…同性はおろか異性とも…』

しかしミンソクの声でそんな答えが返り、思わずふんぞり返っていた椅子から飛び上がった。

―――ええ~マジ!

『この年でおかしいだろう?笑っちゃうよな…』

―――おかしくなんてないです!これはまさに奇跡!神様ありがとうございます!

これまで付き合ってきた女の子たちの処女性など気にしたことなどなかった。それどころか慣れてなさそうな子はどこか敬遠してたところもある。それなのになぜミンソクにはこんなことを思うのだろうと思う。

『おかしくなんてないですよ。それに恥ずかしくもないです。それこそ付き合った人数の多さを自慢する奴の方がおかしいし恥ずかしいです。』

―――ジョンイナ、グッジョブ!

まさに自分の気持ちを代弁してくれたとセフンは思った。しかしその前提にあるものは自分の気持ちがミンソクに向いているということだ。それこそがこれまでとの違いなのだろう。

『ありがとう。なんか少し自信持てたわ。実は恥ずかしくてセフンにも言えなかったんだけど…』
『セフンも恥ずかしいなんて思いませんよ。』
『そうかな…そうだったらいい』

「おはよ~」

ここでタイムリミット。他の院生や学生がやって来る時間になってしまい、セフンは慌ててノートパソコンのラップトップを閉じた。

―――ああ~やっぱり早く帰りたい!それに!ジョンイナ!お前は早く帰れ!

その後のセフンの動きは倍速になり、夕方までかかると思っていたデータ整理は昼過ぎには終わり帰宅も早まったのは言うまでもない。



~続く~


ランキングに参加しています。よかったら応援のぽちをお願いします。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


拍手、ランキングへのぽち、いつもありがとうございます。

100%、思いっきり恋してます!=11(セフン×シウミン)


明け方近くまでデータ採取をし、そこから導き出した数字をパソコンに打ち込んでいたのだが、気がついたらデスクに俯せて眠ってしまっていたらしい。俯せた顔近くにあったスマホの通知音が大音量で鳴り、驚いて目を覚ました。

―――ああ、寝ちゃった!

データ入力をさっさと終わらせて帰ろうとセフンは思っていたが、さすがに睡魔には勝てなかったらしい。それでもここから挽回とばかりに手書きで書きこまれた数字が並ぶファイルを片手に作業を始めようとしたのだが。

「とういえば、この通知って、ミントゥギヒョンの部屋に誰かが来た時に鳴るんだよな…」

いつもあまり長い時間眠ることはないので、眠りこけていたといってもそれほど時間は経っていないだろうと思った。それを確認する為に腕時計に目を落とせば、やはりまだ誰かがやって来るというには早い時間だった。

「こんな時間に誰だ?」

再びノートパソコンのモニター上に映し出されたミンソクの部屋のリビング。そこにはミンソクと向き合うジョンインがいて、2人の間には美味しそうなブレックファーストが並ぶ。しかもミンソクは満面の笑みでそれらにかぶりついている。

「ああ~、なんでまたジョンイナ?てぃかもなんで一緒に朝食?ああ~、やっぱり帰りたい!」

だが、それですぐに帰れるのだったら、前日の夜に帰っていた。それができないから、今もここにいるのだ。セフンはまたしても地団駄を踏み耐えるしかなかった。

―――あんなに頬いっぱいに詰め込んで…食べる姿は子りすちゃん…餌付けしたい…

さすが生物行動学を専攻しているだけある。(さすがなのか?)そしてセフンがアマ○ンでチッ〇&デー〇の耳カチューシャを注文したのは言うまでもない。

と、そんなことはどうでもよく、そうこうしている間にモニターの向こうの2人は朝食が終わったようで、セフンは2人の会話に耳を欹てるのであった。



~続く~


ランキングに参加しています。よかったら応援のぽちをお願いします。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


拍手、ランキングへのぽち、いつもありがとうございます。
| 2019.03 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

みむ子

Author:みむ子
K-POPグループEXOのBL妄想小説置いてます。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

デフォルトカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ