はじめましてと目次<EXO妄想BL小説>

2022.04.08 04:12|TOP

はじめまして、「虹を求めて」にお越しいただき、ありがとうございます。

当ブログの管理人「みむ子」と申します。

どうぞよろしくお願いします。

現在こちらでは<EXO妄想BL小説>を扱っております。


少しわたしのことを記しておきたいと思います。

わたしは東方神起、EXO、のファンです。

ビギストでありEXO-Lでもあります。

しかしその他のSMファミリーも好きです。

他事務所でも好きなボーイズグループもガールズグループも、あります。

i KONやBTSやTWICEがたまにつぶやき記事に登場したりします。

それぞれのグループで、「この子推し!」という子がいます。

しかし今、EXOでは、それを決めかねています。(笑)

(ちなみに前は誰をおいてもセフンたん!だったんですが、そのあとベクちゃんが急上昇し、今ではD・Oもじわじわ来てます(笑))

でも他のグループは決まっています。

(ちなみに書けば、i KONはジナン、BTSはジミンちゃん、TWICEではサナとダヒョン、あっ、レッベルのスルギもかなり好きです!)

とかなりあちこちに気があります。

そんなわたしですが、どうぞよろしくお願いします。





そして、お話が多くなってきたので、簡単なあらすじを含めた目次を作成してみました。

初めてお越しになった方は、こちらを利用していただけると便利かと思います。

(↓タイトルをクリックしていただけると第1話に飛びます。2017.09.20現在のものです。)

EXO・BL小説パラレルNO・1
金色の雨が降る=幼馴染のセフン×ミンソク(シウミン)。セフン高校生1年生。ミンソク大学2年生。恋人同士になるまで。完結しています。

EXO・BL小説パラレルNO・2
小さな世界=高校生のベッキョンとミンソクはバイト仲間。それぞれの恋愛模様を描いています。ベッキョン→チャニョル、ミンソク←セフンです。しかしそうなるまでにはいろいろとあります。完結しています。

こんな運命=小さな世界に登場したベッキョンの中学時代の先輩ギョンスのお話。ギョンス×ジュンミョン、ジュンミョン×ギョンス、リバありです。完結しています。

おいつきたくて=小さな世界で恋人になったベッキョンとチャニョルの初デートの様子です。ベッキョンサイドのお話でベッキョンがかなりぐるぐるしています。完結しています。

わかってない=小さな世界のチャニョル×ベッキョンが恋人になって初めての夏のお話。(といっても夏はあまり関係ありません)チャニョル語りでおいつきたくてのアンサーストーリーのようなものです。完結しています。

そつたくどうじ=おいつきたくてのチャニョル×ベッキョン。おいつきたくての最終話から、そのまま続いています。ベッキョンが少しだけコンプレックスを克服します。ベッキョンとチャニョルの視点が入れ替わります。完結しています。

EXO・BL小説パラレルNO・3
「正×20=100」になったら=高校生のセフン×ミンソク(シウミン)。セフン高校1年生、ミンソク高校3年生。オールメンバー登場予定の一話完結シリーズを予定。(現在更新停滞中)

EXO・BL小説リアルNO・1
フワフワとミルク=リアル設定のセフン×ベッキョン。出会いから恋人になるまで。リアルの時間軸をベースに進んでいます。完結しています。

君に捧ぐ=フワフワとミルクに登場のギョンスのお話。ちょっと難解ギョンスです。完結しています。

はがゆい君=君に捧ぐの続編、チャニョル×ギョンス。ちょっとヘタレなチャニョルと難解ギョンスです。完結しています。

君のすべてを=はがゆい君の続編。チャニョルサイドで「2人の初夜」まで。完結しています。

EXO・BL小説リアルNO・2
僕は未来人=セフンが未来人設定。お遊び的なお話です。セフン×シウミン。(現在更新停滞中)

EXO・BL小説リアル短編(単発もの)
月よ星よ=リアル設定のセフン×シウミン。前後編です。
嘘もいつかは恋になる=リアル設定のセフン×D・O。一話完結です。
ふくらむ・はじける=リアル設定のベッキョン×D・O。一話完結です。
攻防戦=リアル設定のレイ×スホ。リクエスト企画にお応えした一話完結です。

EXO・BL小説リアル短編(シリーズもの)
☆2017a-nation出演記念短編シリーズ(a-nation出演時、2人×4種類の衣装で登場したEXOを見て、同じ衣装を着ている2人をカップリングにして書いたものです。そしてEXO企画参加に伴い、企画誘導目的もありました。企画詳細←クリックすると企画詳細の記事に飛びます)
Don't go=リアル設定のベッキョン×スホ。これから始まるであろう2人の一話完結です。
Drop that=リアル設定のシウミンとチェン。セフン×シウミン・カイ×チェン。2つのカップルの受け側の2人の一話完結です。
Lotto=リアル設定のセフンとカイ。Drop thatとは逆の攻め側2人の一話完結です。
Coming over=リアル設定のチャニョル×D・O。別れの危機を乗り越える2人の一話完結です。


では、長々とお付き合い下さりありがとうございました。

そしてこれから、どうぞよろしくお願いします。



みむ子





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

本日、チケットエントリー開始!

2017.09.22 08:22|mutter(つぶやき)

おはようございます!

一昨日いただいたコメントへのお返事できていませんで、申し訳ありません。

近々いたしますので、少しお待ちいただけると嬉しいです。


さて、本日!EXOのライブツアーのチケットエントリー開始日ですね!

私はいろいろな都合から1月27日のさいたまスーパーアリーナにしか参戦できません。

EXOに関しては、いつもボッチ参戦ですのでエントリーも一枚で、と思っておりますが、もしご一緒していただける方がおいででしたら、お声かけてください。

2枚でエントリーします!当たるかはわかりませんが(^_^.)

当選確率を上げたい!という方でもOKです。

あっ、ただですね、当選した暁には、たぶん当日仕事に行ってからの参戦になるので、チケットは先に郵送とかでお送りすることになると思うので、住所等お教えしてもいいよ、という方でお願いします。

それと声を掛けてくれる方がいなくても凹まないのでご心配なく(笑)

一応、今日の夜9時くらいまでお待ちしております。


では、私は仕事に行ってきます!

みなさまも素敵な一日をお過ごしください!



☆26日から始まります企画に参加しております。→企画詳細


ランキングに参加しております。よかったら応援のぽちをお願いいたします。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


拍手、ランキングへのぽち、いつもありがとうございます。
関連記事

企画告知と【2017a-nation記念短編】シリーズ4編の【あとがき】


こんばんは。

大変ご無沙汰しております。

大変ご無沙汰なのですが、早速ここで企画参加の告知をさせていただきたいと思います。

たぶん、知ってらっしゃる方も多くいると思うのですが、改めまして、です。

7月に参加いたしました東方神起企画の時もご一緒させていただきました睡魔夢子様の企画立案でございます。

まず企画詳細はこちらへどうぞ→EXO企画詳細

この企画詳細を拝見させていただい時、これまた楽しそうな企画だな、と心踊りました。(企画詳細が出るまでは、少しばかり戦々恐々としておったのでございますが…)

で、さっそく書き進めております。

読んでくださるみなさまが、少しでも楽しんでいただけたらなと思いながら。

さらには少しでも多くの方に読んでいただきたいなと思い、企画誘導目的で先日から短編を公開しておりました。

しかし、まぁ、あまりの拍手の少なさから、効果はなかったかな、と(苦笑)

ですが、一応その短編の説明などしておこうかなと思います。

本日まで公開していた短編は、読んでいただいた方にはお分かりかと思うのですが、4つの短編が一つの時間軸で動いておりました。

簡単に言えばシリーズもの、ということですね。

そしてそのカップリングですが、ベッキョン×スホ・セフン×シウミン・カイ×チェン・チャニョル×D・Oとなっておりました。

このカップリングについては、8月26日の「a-nation」で2人×4種類の衣装で登場した彼らを見て、その同じ衣装を着ている2人をカップリングにお話を書いてみよう!と思っていたものです。

そうしましたらなんと!今回の企画のカップリングとまる被り!(@_@;)

私が公開しておりましたお話と、企画のお話とはまったく関係ない←ここ重要なので、色つけてます)のですが、カップリングがまる被りなので、これ大丈夫かな?と思い、フンミン、カイチェンカップルを攻め、受けグループに分けてのお話としました。

そして、これからカップルになるであろう2人(ベクスホ)、既に別れてしまった2人(フンミン)、始めたいけど始められない2人(カイチェン)、少し危機が訪れていた2人(ニョルド)、という、これがみなさまにウケが悪い原因ではないかと思われるような、ちょっと暗めのお話になってしまいましたね。

そもそも、しょっぱながあまり需要がないであろうベクスホとか。

書いている私は、とても楽しく妄想できたんですけどね。

やはりスホはカイやセフンあたりが相手じゃないと萌えがないのかな?

私は逆にカイスホ、セジュンには、あまり興味がないんですが。

それにEXOのカップリングの中でも、強い人気のフンミンが既に別れているカップルとか、ニョルがギョンスを無理やりとか(そういった場面を直接は書いていませんが)、これは読みたくなかった、拍手なんてしない、と思ってもしょうがないですよね><

さらにはカイを翻弄しているチェンとか(笑)

でも私は、楽しく書けたので、書けてとても満足してます。

ちなみに4編のタイトルもa-nationのセトリからつけました。

なので、タイトルと内容が合っているかは微妙(^_^.)

どうでもいい情報ですが(笑)


そしてここからが重要です!ご注意ください!

私が書いたシリーズものの短編4編に登場する4組のカップルと企画の4組のカップルは、全くの別物です!←ここ重要ですので、大きくして色つけてます。そして書くの2度目です。

もうひとつ2度目になりますが、重要なものです。→EXO企画詳細


現在6人の書き手様が鋭意創作中だと思います。

ちょうど1週間後からの始まりとなります。

みなさま、私のお話はどうでもいいですが、他の書き手様のお話を楽しみにしていてください!

私はと~っても楽しみです。

では、これからまた企画のお話を書きたいと思います!

みなさま、また少しお会いできない日が続くと思いますが、来週まで素敵な日々をお過ごしください!

そして企画のお話が公開される日を楽しみにお待ちください!

少し早いですが、おやすみなさいませ(^o^)丿



ランキングに参加しています。よかったら応援のぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


拍手、ランキングへのぽち、いつもありがとうございます。
関連記事

【2017a-nation記念短編】Coming over(チャニョル×D・O)


作業室に来てかれこれ1時間以上が経つが、何も手つかずだ。
体調が悪いわけでも、怪我をしているわけでもない。
スランプ?そういうのとも、また違う。
本当はわかっている。
ここ最近、自分の脳内を占めている問題が原因であることは。
その問題から目を背けずに、片をつければいいことだ。
しかしそれにもまた、躊躇する。
そんな堂々巡りを脳内で繰り返しながら、俺は目の前にある閉じたノートパソコンを指先で叩く。
トントントントンと小気味よい音が響くが、その音は俺の苛つきを表現しているものだ。

さてどうしたものか。

そんな言葉が頭を過った時、ふいに背後の扉が開く。
あまりに急なことに思わず腰が浮いた。
そのまま立ち上がり後ろを振り向く。
不自然で格好悪くはなかったか?と思いながら、そこに立っている恋人を見遣った。

「来たんだ」

カムバ期真っ盛りの中、突然できた半日のオフ。
しかし一人仕事のメンバーがいた。
オフのメンバーがみな不憫だという視線を送る中、「行ってきます」と笑顔で背中を向けたのは、3時間ほど前だったろうか。

「行くってメッセージ送っただろう」

「行っていいか」という窺うものではなく、「行く」という断定的なメッセージを確かに受け取っていた。
けれどそれに俺は返事を返さなかった。
本来なら、こうして2人で一緒にいれる時間は貴重だ。
それこそ最後に2人でいたのは、一体いつだったろう?
思い出してみようとするが、その日が何月何日だったかは思い出せない。
だが、その時取り返しのつかないことをしたのは覚えている。

「共演者がスケジュールの調整ミスで現場入りできなかったんだ。だからワンシーン撮っただけで、今日は終わった。」

そんなことは聞いてない。と心で言いいながら、恋人から体ごと目を逸らす。
小さく「そうか」と言って背を見せて、椅子に座った。
もう付き合いを続けていくのは無理なのではと思っている。
きっと、たった一言「別れよう」と言えば、簡単に終わることだ。

「お前は、俺と別れたいのか?」

まるで心を読まれたように、そう問うてくる。
ここでそうだと言えば、本当にもう終わる。
楽しい時は短かった。
いくら同じグループで同じ宿舎で寝食を共にしていても、2人きりになれる時間はほぼ皆無だった。
グループ全体の活動と、その合間を縫っての個人活動、どちらかがどちらに合わすなどできるはずもなく、例え2人になれたところで、どこかに出かけるということもできなかった。
お互いに好きだという気持ちがありながら、何もできない。
そのことが俺を苦しめた。
好きなのに、好きだから、触れたい、キスしたい、ひとつになりたいと願うのに、そうできないことがフラストレーションとなる。
その結果、いつだったかすら思い出せない最後の逢瀬で、俺は。

「別れたいと思ってるのはお前の方だろう?」

快楽とは程遠い、苦痛に歪む顔。
こんな顔をさせる為に付き合っていたわけじゃない、と思いながらも、自分自身を止められなかった。
酷いことをしているのは自分なのに、泣いているのも自分だった。

「そう思ってたら、ここには来ない。」

どうしてこいつはこんなことを言うんだろう。
あんなことをされたのに、俺を許そうというのだろうか。
いっそのこと、お前なんて嫌いだ、と言われた方がどれだけ楽か。

「お前が別れたいと言うまで、俺はいつでもここに来る。」

どうして、どうしてどうして、どうして。
どうしてそんなことが言えるんだ。
そう思って俺は椅子ごと振り返り、そこに立つ恋人を再び見た。

「来て、いいだろう?」

真っ直ぐに俺を見つめ、これもまた窺うという様相ではなく、恋人の中ではNOのない断定的な聞き方だった。
きっと、別れを選択したとしても、付き合いを続けていくということを選択しても、どちらも辛いのだろうと思う。
その辛さの、まったく対極にある辛さだろうけれど。
だからどちらの辛さを取るか、ということなのだろうか。
そんな簡単な選択でもないような気がするが、やはり別れたくはない。
その意思は、俺だけでなく、真っ直ぐに見つめてくる恋人からも感じられる。
だから俺は、こちらを選択する。

「いつでも待ってる…ギョンス…」

安心したように小さく息を吐き出したギョンスが、俺に近づいてくる。
そして椅子に座ったままの俺を抱き締め言った。

「まだオフ、3時間以上も残ってるぞ、チャニョル」

俺はそっとギョンスの背中に手を伸ばした。
いつもとは逆転した2人の高低差。
その中で迫るギョンスの顔が少しだけ幸せそうだったから、俺はまた泣いてしまいそうだった。



~終わり~



ランキングに参加しています。よかったら応援のぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


拍手、ランキングへのぽち、いつもありがとうございます。
関連記事

【2017a-nation記念短編】Lotto(セフン・カイ)


練習室のオーディオセットに大股で突進するキムカイの後を小走りで追う。
しかし寸でのところでキムカイの行動を制することはできず、たった今押した再生ボタンをキムカイの指ごともう一度押し、まるで超イントロクイズが出題されたように一音だけが広い練習室に響いた。
ここに来るまでにキムカイがどのような心持でいるのかは、なんとなくわかっていた。キムカイはプライベートでの感情のコントロールが苦手だ。しかもその中でも怒りの感情を隠すことが、特に苦手なのはメンバーみなが知っていることだ。
「今は踊らない方がいいよ。」
それがわかっていたから、目の前にある後頭部に向かってそう言った。するとそれはすぐにひらりと横にずれ、俺を見ることなく言葉が練習室に広がった。
「音なくても踊れるし」
こういうところは年下みたいだなと思う。実際数か月しか違わないから年上という感じはしない。
まぁ、そんなことは今はどうでもいいのだが、本当に今は踊ることをしない方がいいと思う。だから離れて行こうとする腕を咄嗟に掴んで言った。
「今ヒョンが活動できなくなったら7人になるんだよ。あっ、違うか。今ベッキョニヒョンもダメな時があるから6人だよ。6人で踊ってるEXO想像してみてよ。どう?」
実際怪我で活動できなかった時がある。事務方の不手際で出国できず、海外公演に参加できなかった時もある。それを誰よりも知っているキムカイだから、すぐにその絵が浮かんだのだろう。諦めたように体の力を抜いたのがわかった。
そして掴まれていた腕にある俺の手をそっと取るとそこから離し、数歩前に進んだと思ったら、練習室の床に大の字になった。
もう踊る気はないなとわかると、俺は小さく息を吐き出し、その場に座った。練習室はとても静かだった。

じっと天井を見つめていたキムカイは徐に口を開いた。
「セフナ~お前は諦めたの?」
俺がずっとミンソギヒョンを好きでいることをキムカイは知っている。しかし実際付き合っていたことまでは知らない。メンバーで知っているのは多分ジョンデヒョンだけ。それもミンソギヒョンや俺がばらしたわけではなく、どうやら何かのきっかけで察したらしい。それを知らされた時、背筋に冷たいものがさっと流れたと同時に、やはりあの兄は侮れないなと思った。
ベッキョニヒョンも人の機微には敏感な方だが、俺とミンソギヒョンが付き合っていた時期が、韓国と中国に離れていた頃だったので、気づかれずに済んだのかなと思う。
「どう頑張っても嫌いにはなれないから、好きでいるのをやめることを諦めた。」
なんだかくどい言い回しになったことが面白かったのか、キムカイが白い天井に向かって「なんだそれ」と言って笑った。

キムカイは侮れない兄であるジョンデヒョンが好きらしい。
正直俺には謎が多すぎるジョンデヒョンの何が良いのか、さっぱりわからない。
しかしキムカイにしてみたら、ミンソギヒョンの魅力はわからないのだろうと思う。
つまりはお互い様ということだし、同じ人を好きにならなくて良かったとも思う。
「あの人、俺の前でわざとミンソギヒョンを誘ってた。俺が誘いに来るのわかってて、そのタイミングを見計らってた。」
周りのことなど我関せずのキムカイが、ことジョンデヒョンのことになると何故かとても鋭敏だ。やはり自分から感情を向けている、ということがそうさせるのだろうか。
「だからなんか頭にきちゃって…踊らないとって思って…引っ張ってきてごめん…それに…ありがとう…」
ここへやって来た時のジョンインの怒気は、もうすっかり鳴りを潜めていた。練習室の床の冷たさが、クールダウンに一役買ってくれたのだろうかと思う。

カムバ期には珍しい半日のオフ。
もし付き合っていたという過去がなかったら、めんどくさいマンネという立場を利用してミンソギヒョンのオフに食い込めたのに、と思ったりする。
もしくは付き合っていた時期が違っていたら、今でも続いていたりするかもしれないとも。
そうすればジョンデヒョンに誘われる前に、自分がミンソギヒョンをかっさらうこともでき、キムカイがジョンデヒョンと一緒の時間を過ごすこともできたかもしれないと。
しかしそんなことを思っても、すべてはたらればの話でしかなく、俺の胸には虚しさしか沸かない。
「もしかしたらジョンデヒョン、ジョンイニヒョンにお土産買って来てるかもよ。」
虚しさしかないたらればな話しと、期待を裏切られるかもしれないもしもの話し、どちらもなんの意味もないとわかっていながらも、そんなことしか言えない自分が情けない。
「そんなことあるわけないし。もしそんなことがあったら、その時は告白でも何でもしてやるよ!」
よほどジョンデヒョンの態度に打ちのめされたのか、自棄になったようにそう吐き捨てたキムカイ。しかしそれはおもしろいと俺は咄嗟にキムカイに言った。
「よっしゃ!言ったな!言ったよね?俺はジョンデヒョンがお土産買ってくる方に賭ける!そしたらヒョン!ちゃんと告白するんだからね!」
勝手に落ちていた自分の気持ちを盛り上げるように、わざと明るい声で騒ぎ立てた。それにはキムカイもさすがに反応を示す。
「おいこらセフナ!何言ってるんだよ!言葉の綾ってやつだろうが!」
冷たい床から起き上がり、キムカイがじゃれついてくる。
たぶん十中八九、留守番になったベッキョニヒョンへのお土産と称して、メンバーみなの分の何かを買ってくるのは目に見えている。しかしキムカイ個人へのお土産というのは望みが薄い。
それでも俺は少しだけ賭けてみたかったのだ。自分にはもう何の希望も残ってはいないだろうから。


~終わり~



ランキングに参加しています。よかったら応援のぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


拍手、ランキングへのぽち、いつもありがとうございます。
関連記事
| 2017.09 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

みむ子

Author:みむ子
K-POPグループEXOのBL妄想小説置いてます。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

デフォルトカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ