FC2ブログ

はじめましてと目次<EXO妄想BL小説>

2022.04.08 04:12|TOP

はじめまして、「虹を求めて」にお越しいただき、ありがとうございます。

当ブログの管理人「みむ子」と申します。

どうぞよろしくお願いします。

現在こちらでは<EXO妄想BL小説>を扱っております。


少しわたしのことを記しておきたいと思います。

わたしは東方神起、EXO、のファンです。

ビギストでありEXO-Lでもあります。

しかしその他のSMファミリーも好きです。

他事務所でも好きなボーイズグループもガールズグループも、あります。

i KONやBTSやTWICEがたまにつぶやき記事に登場したりします。

それぞれのグループで、「この子推し!」という子がいます。

しかし今、EXOでは、それを決めかねています。(笑)

(ちなみに前は誰をおいてもセフンたん!だったんですが、そのあとベクちゃんが急上昇し、今ではD・Oもじわじわ来てます(笑))

でも他のグループは決まっています。

(ちなみに書けば、i KONはジナン、BTSはジミンちゃん、TWICEではサナとダヒョン、あっ、レッベルのスルギもかなり好きです!)

とかなりあちこちに気があります。

そんなわたしですが、どうぞよろしくお願いします。





そして、お話が多くなってきたので、簡単なあらすじを含めた目次を作成してみました。

初めてお越しになった方は、こちらを利用していただけると便利かと思います。

(↓タイトルをクリックしていただけると第1話に飛びます。2017.09.20現在のものです。)

EXO・BL小説パラレルNO・1
金色の雨が降る=幼馴染のセフン×ミンソク(シウミン)。セフン高校生1年生。ミンソク大学2年生。恋人同士になるまで。完結しています。

EXO・BL小説パラレルNO・2
小さな世界=高校生のベッキョンとミンソクはバイト仲間。それぞれの恋愛模様を描いています。ベッキョン→チャニョル、ミンソク←セフンです。しかしそうなるまでにはいろいろとあります。完結しています。

こんな運命=小さな世界に登場したベッキョンの中学時代の先輩ギョンスのお話。ギョンス×ジュンミョン、ジュンミョン×ギョンス、リバありです。完結しています。

おいつきたくて=小さな世界で恋人になったベッキョンとチャニョルの初デートの様子です。ベッキョンサイドのお話でベッキョンがかなりぐるぐるしています。完結しています。

わかってない=小さな世界のチャニョル×ベッキョンが恋人になって初めての夏のお話。(といっても夏はあまり関係ありません)チャニョル語りでおいつきたくてのアンサーストーリーのようなものです。完結しています。

そつたくどうじ=おいつきたくてのチャニョル×ベッキョン。おいつきたくての最終話から、そのまま続いています。ベッキョンが少しだけコンプレックスを克服します。ベッキョンとチャニョルの視点が入れ替わります。完結しています。

EXO・BL小説パラレルNO・3
「正×20=100」になったら=高校生のセフン×ミンソク(シウミン)。セフン高校1年生、ミンソク高校3年生。オールメンバー登場予定の一話完結シリーズを予定。(現在更新停滞中)

EXO・BL小説リアルNO・1
フワフワとミルク=リアル設定のセフン×ベッキョン。出会いから恋人になるまで。リアルの時間軸をベースに進んでいます。完結しています。

君に捧ぐ=フワフワとミルクに登場のギョンスのお話。ちょっと難解ギョンスです。完結しています。

はがゆい君=君に捧ぐの続編、チャニョル×ギョンス。ちょっとヘタレなチャニョルと難解ギョンスです。完結しています。

君のすべてを=はがゆい君の続編。チャニョルサイドで「2人の初夜」まで。完結しています。

EXO・BL小説リアルNO・2
僕は未来人=セフンが未来人設定。お遊び的なお話です。セフン×シウミン。(現在更新停滞中)

EXO・BL小説リアル短編(単発もの)
月よ星よ=リアル設定のセフン×シウミン。前後編です。
嘘もいつかは恋になる=リアル設定のセフン×D・O。一話完結です。
ふくらむ・はじける=リアル設定のベッキョン×D・O。一話完結です。
攻防戦=リアル設定のレイ×スホ。リクエスト企画にお応えした一話完結です。

EXO・BL小説リアル短編(シリーズもの)
☆2017a-nation出演記念短編シリーズ(a-nation出演時、2人×4種類の衣装で登場したEXOを見て、同じ衣装を着ている2人をカップリングにして書いたものです。そしてEXO企画参加に伴い、企画誘導目的もありました。企画詳細←クリックすると企画詳細の記事に飛びます)
Don't go=リアル設定のベッキョン×スホ。これから始まるであろう2人の一話完結です。
Drop that=リアル設定のシウミンとチェン。セフン×シウミン・カイ×チェン。2つのカップルの受け側の2人の一話完結です。
Lotto=リアル設定のセフンとカイ。Drop thatとは逆の攻め側2人の一話完結です。
Coming over=リアル設定のチャニョル×D・O。別れの危機を乗り越える2人の一話完結です。


では、長々とお付き合い下さりありがとうございました。

そしてこれから、どうぞよろしくお願いします。



みむ子





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

【あとがき】やはりかっこいい評価しかない

2019.01.17 11:30|2019D・Oセンイル記念

少し時間が経ってしまいましたが【D・Oセンイル記念】の【あとがき】です。

このお話は最初チャニョルのセンイルにしようと書いていたお話だったのですが、これ「誰得?」ってふと思い、D・Oセンイル話に変更しました。

しかし私の書くギョンスは、どうしてこうテンション低めなんでしょうね(笑)

あくまでもイメージですが、ギョンスがテンション高くギャーギャー騒いでいる姿が想像できない。

チャニョルは簡単に想像できるんですけどね^m^

そしてよく「可愛いギョンス」と表現されているのを見かけますが、私にはピンときません。

「可愛らしい」はわかるんですが「可愛い」よりは「かっこいい」の方がギョンスには合っている気がします。

と、そんなイメージからこのお話のギョンスは「チャニョルの騎士(ナイト)」という感じで書きました。

初めこそ思い込みから始まった恋でしたが、チャニョルが男の子とわかっても恋心は消えず、それこそ身長を追い越されても、自分と同じように声が低くなっていっても、チャニョルが可愛く見えて仕方がなかったのだと思います。

予測不能な行動をするチャニョルが、テンション高めのチャニョルが、いつも隣に纏わりつく子犬のようなチャニョルが(笑)

そしてチャニョルもまんまとギョンスに思い込みの魔法をかけられてしまいました。

あの眼力で「ずっと好きだった」なんて言われたら、ね~?

簡単に魔法にかかっちゃいますよね(*^^)v

まるで「ドジッコと王子様の恋」のような展開ですが、まさにそんな感じに進んでいくでしょう、この2人。

なんせ「ドニョル」ですから!


ということで、【D・Oセンイル記念】「思い込みの魔法」楽しんでいただけていたら幸いです。

ではまた。



ランキングに参加しています。よかったら応援のぽちをお願いします。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
新しいブログ村にいつかは慣れるのだろうか…。


拍手、ランキングへのぽち、いつもありがとうございます。

【D・O センイル記念】思い込みの魔法(D・O×チャニョル)

2019.01.12 09:00|2019D・Oセンイル記念

HAPPY D.O DAY!

ギョンス、お誕生日おめでとう!
ギョンスにとって素敵な一年になりますように!



長い時間の片思いは、そう簡単には消えてはくれない。
あれからチャニョルの誕生日、修能、クリスマス、受験と時間は過ぎた。その間ギョンスを気にしながらも、チャニョルは近づいて来ようとはしなかった。そんな状態でありながらもまたギョンスの気持ちも何一つ変わってはいない。

しかしどこかで諦めなければいけない。このまま高校を卒業し、別の大学に進み、顔を合わせなくなれば自然とそうなれる。だからこのままでいいのだとギョンスは自分に言い聞かせた。

けれどそうは思うも、ギョンスから深い溜息が出る回数が断然増えていた。

年が明け残り少ない3学期、3年生は自由登校になっていて、教室に行けば大学入学を決めた友人たちが一人二人といた。ギョンスもまた希望の大学への合格通知を手にしていた。みなで笑い喜び合った。勿論嬉しくもあるがチャニョルとの決定的な別れへ向かうチケットのようにも見えた。

また深い溜息がギョンスの口元から零れる。

もしあの時、あのようなことを言わなければ、きっと今一緒にチャニョルは喜んでくれたはずだ。だがそのチャニョルの姿は今はない。冬休みに入った日からこの日まで、まったくチャニョルの姿を見ていない。

「じゃあな、また卒業式で」

一通り健闘を讃え合い、喜びを分かち合った友人たちと共に教室を後にした。そしてそれぞれの帰路に向かいギョンスは1人になった。
こんなふうに、このまま会うことなく、顔を合わせても話すこともなく、チャニョルと離れ離れになるのかと思うと、なんだかなにかが込み上げそうになる。
いつも一緒だったから。ずっと一緒だったから。こうして1人で歩くことも、そうなかった。こんなにも1人で歩くことが寂しく、そして家までの道のりがこんなにも遠かったかと、ギョンスは鼻をすすりながら思った。

「ああ、おかえり!やっと帰って来た!母さん出かけるから早く帰って来てって言ったのに!夜までには帰って来るから!ケーキ食べちゃ駄目よ!」

漸く辿り着いた家の玄関に入るなり擦れ違いざまにそう言い放ち、ギョンスの母は玄関を出て行ってしまった。ケーキ?と思ったが大学合格のお祝いかと、すぐに思った。
とはいえ、大学に合格したということがギョンスは全然嬉しくなかった。もし第一希望に合格しなければ、第二希望はチャニョルが受ける大学を受けるつもりだった。そうすればもしかしたら…。

そこまで思って、ギョンスは頭を振った。

そんなことはない。もうフラれたのだ。話したくもないほど、顔も見たくないほど嫌われたのだ。だから今、自分の隣にチャニョルはいないのだ。そう思ったら、やはり何かが込み上げて来そうだった。
そしてギョンスは重い足取りで階段を上り自分の部屋の扉を開けた。


階段を上がってくる足音が聞こえてきて、チャニョルの心臓はドキドキとうるさい。
もうギョンスとは2カ月近く話していない。近くに寄ることさえできずにいた。今日こそは今日こそはと思っているうちに、どんどんギョンスを遠くに感じるようになり、とうとうしまいには怖気づいてしまったのだ。

しかしこれでは駄目だとチャンスを窺っていたが、やはりどうにも勇気が持てず、結局ここまで来てしまった。
そしてこれが最後のチャンスではないかとも思った。

そう、ギョンスの誕生日のこの日が!

だからギョンスの母に協力してもらい部屋で待たせてもらうことにした。そしてそのギョンスの部屋の扉が開く音がして、チャニョルはぎゅっと掌を握った。どうにも耐えられず、目も瞑った。
けれど、ギョンスが部屋に入って来た気配はするが、いつまで経ってもなにも起きない。チャニョルのドキドキは別のものになっていく。

―――…あれ…やばい、俺なんか間違った…かも?

さすがに2カ月近くもまともに向き合っていなかったので、部屋で普通に待っていることはできず、チャニョルはベッドの中にいた。
それでも盛り上がるベッドにギョンスはすぐに気づき、布団を剥がされると思ったのだ。しかしいつまで経っても、そうなるような気配はない。
チャニョルはそっと布団を持ち上げ、薄ぐらがりだった世界から明るい世界を覗き見た。すると扉を背に座り込み、膝に頭を埋めるギョンスの姿があった。

―――…あ、今日、合格発表?もしかしてギョンス、駄目だったのかな…

そう思った瞬間、体が動いていた。被っていた布団をばっと勢いよく剥がし、ベッドから飛び出すとギョンスへ近寄った。

「ギョンス!大丈夫だよ!第一希望が駄目でも、俺と一緒の大学あるじゃん!ね!一緒に行こうよ!」

そしてそう言いながら、驚くギョンスの手を取り強く握った。やっぱり心臓はドキドキしていた。凄く久しぶりにまじまじと見たギョンスが、なんだか知らない人のように見えた。

「…大学受かったよ。春からは別々だ。…でもチャニョル…なんで頭にリボン?」

ベッドに隠れていた理由はもうひとつ。『俺がプレゼント』の意味のリボンが恥ずかしかったから。
それなのに、驚き過ぎたのかなんなのか、ギョンスは本当にわからないというような表情でチャニョルを見つめてくる。

「今日はギョンスの誕生日じゃん!だから!だから!俺がプレゼントなの!嬉しいでしょ!」

ギョンスから思わぬ告白をされた日にできた彼女は、その日のうちに「ごめんなさい」メール送った。
インターネットで見つけた男同士の世界のそれには少々の抵抗があったが、ギョンスとのキスやそれ以上のことはなんとなく想像はできる自分がいた。そこに抵抗感がまったくなかったことに逆に驚いたくらいだ。

だからきっと自分もギョンスと同じ気持ちなのだろうと思った。それが例えギョンスにかけられた思い込みの魔法だとしても。チャニョルにその自覚は多分なかっただろうが、自然とこの気持ちを伝えなければと思った。だがタイミングが計れず、こんなにも時間が過ぎてしまった。そしてこの日しかないと、プレゼントはこれしかないと勢い込んで来たというのに。


やっぱりこいつは男だよな、とギョンスは改めて思った。
いくら頭にリボンをしていても、女顔だといわれても、どこをどう見ても男だよな、とギョンスは思う。
しかしそうは思っても、やっぱりキスはしたいと思うし、襲ってしまいたいとも思う。

「ああ、誕生日。だからケーキ…。」

だから敢えて気の抜けた、それでいてチャニョルの言葉を無視するような言葉を吐き出した。真面目にチャニョルの言葉を受け取って、真面目に向き合ってしまえば、速攻でチャニョルを押し倒しているだろう。

「ギョンスのバカ!ケーキなんてどうだっていいじゃん!俺がプレゼントだって言ってるじゃん!」

それなのに、盛大に涙を流しながらこんなことを叫ぶ。だからギョンスも止めのように、少しおちゃらけて言った。

「泣き虫チャニョル。泣き止まないと襲っちゃうよ。」

さすがにこれには怯むと思っていたのに。キラキライケメンの初恋の幼馴染は、涙で潤む瞳を真っ直ぐに向け頬をピンクに染めて答えた。

「襲っていいよ。ギョンス。」

その瞬間、ギョンスの中で理性というものが壊れる音がした。
十数年に渡る片思いの終わりを告げる鐘の音にも似て。

そして2人に掛けられたそれぞれの思い込みの魔法は、そう簡単には、いや一生解けない。



~終わり~


ランキングに参加しています。よかったら応援のぽちをお願いします。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
なんか上手くまとめられなかった(^_^.)


拍手、ランキングへのぽち、いつもありがとうございます。

【D・O センイル記念】思い込みの魔法(チャニョル)

2019.01.11 09:00|2019D・Oセンイル記念

思い込みとは一種の魔法のようなもので、歩いても5分、走れば2、3分の距離しか離れていないギョンスの家から全力疾走で帰って来たチャニョルは、既にその魔法にかかっていたのかもしれない。

―――び、び、び、び、びっくりした~~~~~~!

元々運動神経はあまりよくないはずのチャニョルが有り得ない速さで走って帰って来るなり自分の部屋に滑り込み、その扉に背をつけたまま、心の中で叫びながらずずずっと座り込んだ。

ほんの数分前にギョンスの部屋で起こったことに、正直今だ頭はついていってはいない。しかし現実だということは、これまた有り得ない速さの自分の鼓動が証明しているような気がした。それが走って帰って来たからなのか、それともさきほどの出来事でのことなのかは定かではなかったが。

だが元々真面目ではあるが、あれほどまでにギョンスの真剣な眼差しは初めてだった。だから怒ることなんてできなかったし気持ち悪いとも思わなかった。ただギョンスが自分にそんな気持ちを持っていたなどまったく気付かなかったから、ただただ驚いたのだ。

「…ギョンスが俺を好きって…キスしたいって?彼女に嫉妬した?襲うかもって?…マジか…」

部屋の扉を背にしたままチャニョルは自分の唇や胸を確認するように触る。そしてどこをどう見ても自分は男だよなと確認する。

「俺、男だけど?」

顔が姉に似ているから女顔だと言われることはあるが、身長だって高いし肩幅だって体の厚みだって、それなりにある。だからいくら女顔だといっても、間違いなく男なのだ。

「ギョンスは男が好きなのか?」

目の前にいないギョンスに聞くように問いかけるが、それに答えてくれる者は当たり前だが誰もいない。そしてそう言葉にしてみると、それは違うような気がする。

「男が好きなんじゃなくて、『俺』のことが好きなんだ、きっと。うん。」

若干の自意識過剰とも思うが、あながち間違ってもいない。しかしそうは思うも、だからといって「俺も好き」とはならない。だが、今日できたばかりの彼女のことだって「好きか?」と聞かれたら首を傾げてしまう。そもそも向こうから告白してきて、それにOKしただけなのだから。
むしろその彼女とギョンスが目の前の崖に片手でぶら下がっていたら、ギョンスを先に助けてしまうかもしれない。いや、間違いなく助けるだろう。そのくらい向ける感情は違う。それが「恋愛か?」と聞かれたら、これまた首を傾げてしまうのだが。

「ええ~~、もしかして俺もギョンスのこと好きなのかな~~?」

だがそんなこと考え始めたら自分の気持ちが完全に迷子になってしまったチャニョルは、その場で頭を抱えた。そしてさらに考える。

―――ギョンスは俺とキスしたいって言った、襲いそうで怖いって言った…

だからチャニョルはギョンスとキスする自分を、ギョンスに組み敷かれている自分を目を瞑って想像してみる。するとそこへ先ほどの真剣な眼差しのギョンスが脳裏に突如浮かぶ。チャニョルはそんなギョンスを掻き消すようにばっと目を見開いた。しかしチャニョルの心臓はドキドキと鼓動を早めた。

「ええ~~、なんでこんなにドキドキすんの?!やっぱり俺ギョンスが好きなの?!」

どんどんと尻はずり下がり、もはや扉に背はついていない。申し訳程度に頭がくっついているだけで、ほぼ床に大の字になりつつある。そしてそのまま天井を見上げていたが、またしてもそこへ先ほどの真剣な眼差しのギョンスが現れ、チャニョルは妄想の中でギョンスに襲われそうになる。

「うわ~~~~~!」

慌ててチャニョルは起き上がり、さっきとは違う鼓動を刻む胸に手を当てた。そしてははは、と短い息をする自分を落ち着かせるように、その胸を軽く叩く。

「…俺、襲われるの?襲われちゃうの?ギョンスに?」

人間あまりにパニックに陥ると正常な判断ができなくなる、とはよく言われる。それがまさに今のチャニョルがそういった状況であるとはいえ、この時のチャニョルはもうギョンスの気持ちを受け入れている。そうすっかり思い込みの魔法にかかってしまっているのだ。そしてその魔法をかけたのは間違いなくギョンスである。そのギョンスはそんなこと思いもしていないだろうが。

「…襲われるってことは…俺、イレラれる方?そうなの?ギョンス、俺にイレたいの?」

そこでチャニョルはまたしてもハッとする。自分がおかしな考えに進んでいる、とハッとしたのではない。男同士のセックスの知識がない、ということにハッとしたのである。

―――ど、どこの穴使うかはわかるけど…それ以上は…

なんとなくのやり方はわかる。けれどそれ以上もそれ以下もわからない。そこでチャニョルはまたしても何かを思いつく。

―――そうだ!検索!検索!

そう思いポケットに手を突っ込むがどこにも目当てのスマートフォンがなかった。そしてまたしてもハッとする。

「あああ~~ギョンスの部屋のテーブルに置きっぱなし…」

パニック状態でギョンスの部屋を飛び出してきてしまったのでスマートフォンは勿論、通学のリュックも置いて来てしまった。それに気づき、またしても頭を抱えたが、チャニョルはすぐにあることを思い出し急いで立ち上がった。

「パソコン!パソコン!」

今現役で使っているノートパソコンは通学のリュックに入っているが、その前に使っていたものは机にしまってあるはず。それだ、と思い机に近づき目当ての引き出しを引くと、そこには少し古くなったモデルのそれがあった。

「頼むからついてくれよ…」

急いでアダプターを差し込み電源を入れ立ち上げる。いつもより少し時間がかかったがチャニョルの願いが届き、それは立ち上がった。そしてブラウザを開きポータルサイトの検索バーに「男同士 セックス」と入力した。

そこにはチャニョルの知らない世界が広がっていた。



~ギョンスの誕生日編に続く~


ランキングに参加しています。よかったら応援のぽちをお願いします。

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


拍手、ランキングへのぽち、いつもありがとうございます

今年もよろしくお願いします。

2019.01.10 11:28|mutter(つぶやき)

大変遅くなりましたが、今年もどうぞよろしくお願いいたします!

ご挨拶よりも更新が先になってしまいました。

もう既に公開されております『思い込みの魔法』は、タイトルにもございます通り【D・Oセンイル記念】のお話です。

そして以前にもお知らせしてありますが「ドニョル」です。

そのつもりで書きましたので、そのつもりで読んでいただけると「ドニョル」です。

D・Oセンイルの1月12日までの3話となっております。

最後まで楽しんでいただければと思います。

こちらもよろしくお願いいたします。


年初のご挨拶もさせていただいたので、今年の大まかな予定なども書いておこうかなと思います。

まず1月は【D・Oセンイル記念】(現在更新中)の3話のみの予定です。

カイくんのセンイルは書く予定なしです。(元日のニュースの影響ではありません。始めから予定なしです。)

そして3、4月にシウミンとセフンのセンイルがあるので、これも以前に予告してあった通り【連載】を書こうと思っております。

3、40話前後で終わるようにしたいです(笑)

で、5月はベクちゃんのセンイルがあるのでなにか考えます。新しいカプでのお話か、既存のお話の続きか。でも絶対に【ベクちゃんセンイル記念】のお話は書きます。

同じ5月にスホさんのセンイルもありますが、書くかどうかは悩み中です。時間があったら書きたいなとは思っております。

6、7、8月は少し長めのお休みにする予定ですが、もし突発的になにか書きたくなったら書くかもしれません。

そして9、10、11月はそれぞれチェン、レイさん、チャニョルのセンイルがありますので、書けたら書きたいです。でもチャニョルのセンイルは絶対に書くかなと思います(笑)

これはあくまでも大まかな予定です。いろいろと変わることもあると思います。グループ全体やCBX、そしてそれぞれメンバーの個人活動などによっても、予定は変わるかもしれません。

しかしこう書くと、連載の予定が1本て…(^_^.)

正直、今はあまり書く意欲が無くて…というのも冬が苦手だからだと思います。もう少し暖かくなって来れば、また少し変わるかもなとは思いますが。

こんな感じですが、お話が公開された時にお付き合いいただけたらと思います。


それでは2019年が素敵な年になりますことを願って、ご挨拶とさせていただきます。

では!



ランキングにしております。よかったら応援のぽちをお願いします。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



拍手、ランキングへのぽち、いつもありがとうございます。
| 2019.01 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

みむ子

Author:みむ子
K-POPグループEXOのBL妄想小説置いてます。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

デフォルトカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ