はじめましてと目次<EXO妄想BL小説>

2022.04.08 04:12|TOP

はじめまして、「虹を求めて」にお越しいただき、ありがとうございます。

当ブログの管理人「みむ子」と申します。

どうぞよろしくお願いします。

現在こちらでは<EXO妄想BL小説>を扱っております。


少しわたしのことを記しておきたいと思います。

わたしは東方神起、EXO、のファンです。

ビギストでありEXO-Lでもあります。

しかしその他のSMファミリーも好きです。

他事務所でも好きなボーイズグループもガールズグループも、あります。

i KONやBTSやTWICEがたまにつぶやき記事に登場したりします。

それぞれのグループで、「この子推し!」という子がいます。

しかし今、EXOでは、それを決めかねています。(笑)

(ちなみに前は誰をおいてもセフンたん!だったんですが、そのあとベクちゃんが急上昇し、今ではD・Oもじわじわ来てます(笑))

でも他のグループは決まっています。

(ちなみに書けば、i KONはジナン、BTSはジミンちゃん、TWICEではサナとダヒョン、あっ、レッベルのスルギもかなり好きです!)

とかなりあちこちに気があります。

そんなわたしですが、どうぞよろしくお願いします。





そして、お話が多くなってきたので、簡単なあらすじを含めた目次を作成してみました。

初めてお越しになった方は、こちらを利用していただけると便利かと思います。

(↓タイトルをクリックしていただけると第1話に飛びます。2017.09.20現在のものです。)

EXO・BL小説パラレルNO・1
金色の雨が降る=幼馴染のセフン×ミンソク(シウミン)。セフン高校生1年生。ミンソク大学2年生。恋人同士になるまで。完結しています。

EXO・BL小説パラレルNO・2
小さな世界=高校生のベッキョンとミンソクはバイト仲間。それぞれの恋愛模様を描いています。ベッキョン→チャニョル、ミンソク←セフンです。しかしそうなるまでにはいろいろとあります。完結しています。

こんな運命=小さな世界に登場したベッキョンの中学時代の先輩ギョンスのお話。ギョンス×ジュンミョン、ジュンミョン×ギョンス、リバありです。完結しています。

おいつきたくて=小さな世界で恋人になったベッキョンとチャニョルの初デートの様子です。ベッキョンサイドのお話でベッキョンがかなりぐるぐるしています。完結しています。

わかってない=小さな世界のチャニョル×ベッキョンが恋人になって初めての夏のお話。(といっても夏はあまり関係ありません)チャニョル語りでおいつきたくてのアンサーストーリーのようなものです。完結しています。

そつたくどうじ=おいつきたくてのチャニョル×ベッキョン。おいつきたくての最終話から、そのまま続いています。ベッキョンが少しだけコンプレックスを克服します。ベッキョンとチャニョルの視点が入れ替わります。完結しています。

EXO・BL小説パラレルNO・3
「正×20=100」になったら=高校生のセフン×ミンソク(シウミン)。セフン高校1年生、ミンソク高校3年生。オールメンバー登場予定の一話完結シリーズを予定。(現在更新停滞中)

EXO・BL小説リアルNO・1
フワフワとミルク=リアル設定のセフン×ベッキョン。出会いから恋人になるまで。リアルの時間軸をベースに進んでいます。完結しています。

君に捧ぐ=フワフワとミルクに登場のギョンスのお話。ちょっと難解ギョンスです。完結しています。

はがゆい君=君に捧ぐの続編、チャニョル×ギョンス。ちょっとヘタレなチャニョルと難解ギョンスです。完結しています。

君のすべてを=はがゆい君の続編。チャニョルサイドで「2人の初夜」まで。完結しています。

EXO・BL小説リアルNO・2
僕は未来人=セフンが未来人設定。お遊び的なお話です。セフン×シウミン。(現在更新停滞中)

EXO・BL小説リアル短編(単発もの)
月よ星よ=リアル設定のセフン×シウミン。前後編です。
嘘もいつかは恋になる=リアル設定のセフン×D・O。一話完結です。
ふくらむ・はじける=リアル設定のベッキョン×D・O。一話完結です。
攻防戦=リアル設定のレイ×スホ。リクエスト企画にお応えした一話完結です。

EXO・BL小説リアル短編(シリーズもの)
☆2017a-nation出演記念短編シリーズ(a-nation出演時、2人×4種類の衣装で登場したEXOを見て、同じ衣装を着ている2人をカップリングにして書いたものです。そしてEXO企画参加に伴い、企画誘導目的もありました。企画詳細←クリックすると企画詳細の記事に飛びます)
Don't go=リアル設定のベッキョン×スホ。これから始まるであろう2人の一話完結です。
Drop that=リアル設定のシウミンとチェン。セフン×シウミン・カイ×チェン。2つのカップルの受け側の2人の一話完結です。
Lotto=リアル設定のセフンとカイ。Drop thatとは逆の攻め側2人の一話完結です。
Coming over=リアル設定のチャニョル×D・O。別れの危機を乗り越える2人の一話完結です。


では、長々とお付き合い下さりありがとうございました。

そしてこれから、どうぞよろしくお願いします。



みむ子





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

明日から少しお休みします

2017.11.13 22:34|mutter(つぶやき)

こんばんは。

二番目の子供が風邪をひきました。

学校で咳鼻水を伴う風邪が流行っているそうです。

みなさまは大丈夫でしょうか?

私はまだ←大丈夫そうです。

しかし仕事で、「もう~!なんなの!」ってことがありまして、とてもお話を書ける気分ではなくなってしまいました。

こういう時には書けないとわかっているので、少し(たぶん2,3日)お休みします。

楽しみにしてくださっている方がいらっしゃったら申し訳ないなと思います。

それほど間は空かないと思いますので、お待ちいただけたらとも思います。

それと、私のミスで本日更新分がブログ村の新着に反映されていませんでした。

もし気づいてなかったよ~という方がいらっしゃいましたら、こちらからどうぞ。

では、また近々、お会いしましょう。

あと2週間で東方神起のライブですが、自分的に盛り上がれていなくて、少しどうしようと思っているみむ子でした。

おやすみなさいませ。




ランキングに参加しております。よかったら応援のぽちをお願いいたします。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
このセフンたん、もの凄く好きで、一時期ずっとスマホの待ち受けにしてました。
少年と青年の狭間って感じが、凄く良い!


拍手、ランキングへのぽち、いつもありがとうございます。
関連記事

愛をする人・愛をされる人=11(チャニョル×ベッキョン)

2017.11.13 09:00|愛をする人・愛をされる人

生まれてしまった疑念は、なかなか消えることはなかった。
だからこそ、いろいろとベッキョンとのことを聞いてくるルハンに、チャニョルは素直に話せなくなっていた。
それに気づいたようなルハンもまた何かを言いたそうにしていたが、思わせぶりに開く口から結局何かが語られることはなかった。
そうして少しぎこちない雰囲気のまま、この日はお開きとなり、ルハンとチャニョルはそれぞれタクシーに乗り込んだ。
その乗り込んだタクシーの中、チャニョルは1人になり冷静になると少し自己嫌悪に陥った。さすがにあの態度はなかったかと、今さらながらに反省する。しかしそうはいっても、やはり心の中に引っ掛かりを持ったものをなかったことにはできない。
「…勘違い…だよな…」
そう独りごちてみても、やはり心の中がすっきりとすることはない。だから大きな溜息が出て、チャニョルはタクシーの背凭れに、その体を預けるしかなかった。

思ったよりもタクシー代が掛かったなと、大きな溜息が出た。
大学生のベッキョンには大きな出費である。
しかし酔い潰れたミンソクを送るにはタクシーしか手段はなかった。
「あいつに今度請求してやる。」
そう独りごちながら、ベッキョンは冬の真夜中の寒空をポケットに手を突っ込み肩を竦めながら1人歩いていた。
セフンの家の最寄駅近くでタクシーは降りた。セフンの目の前で降りれば気を遣うだろうと思ったからだ。そしてタクシーを降りたのは、とてもじゃないが自宅までの料金は払えそうになかったからだ。
「…ヒョン、帰って来てるかな…」
ポケットの中の掌と共にあったスマートフォンを取り出し時刻を確認する。午前2時に近かった。
いつものチャニョルなら、まだ起きている時間だが、この日は飲みに出かけている。もう帰って来ていてもおかしくはない時間だが、久しぶりに会ったルハンとの酒の席での積もる話もあって、まだ帰っていないかもしれない。帰っていても酒が入っているのでもう寝ている可能性もある。漫喫やネットカフェ、ファミレスで始発を待つという手もあるが、もうこれ以上の出費は、アルバイトの給料日がまだ1週間以上あることを考えれば避けたい。
そしてここからなら、自宅よりもチャニョルの部屋の方が近い。同じ歩くなら、出来れば短い時間で済ませたいのが、偽らざる今の本心だ。その本心のもう一つ奥のところにある本音では、やはりチャニョルに会いたいという気持ちもある。
「…10コールで出なかったら諦めよう…」
それでもやはり少しは気を遣い、そう心に決めてスマートフォンでチャニョルの番号を呼び出し発信アイコンを押した。

車窓の外を流れる街を見るともなしに見ていた。
チャニョルの住む街は学生街で、この時間は静かだ。もう部屋の近くにまで来ていた。
その時、ポケットに入っているスマートフォンが震えた。見なくても誰からの着信かはわかっていた。わかっていたからこそ、見たくなかった。今は。特に。
しかし無視もできなかった。だからいつもより、少し長い着信音を聞いてから通話を繋いだ。
「…ベッキョナ?」
タクシーの車内ということもあり、自分でも驚く程の、とても小さな声だった。
「…ヒョン?ごめん、寝てた?」
そして思った以上に声が掠れていて、電話の向こうのベッキョンが恐縮しているのがわかる。そんなベッキョンの様子がわかれば、やはり心苦しくもなる。
「ううん、今、タクシーの中。」
だから気持ちを入れ替えるように、背凭れにずっしりと沈めていた体を少し引き起こしながら、心持ち優しく答えた。その言葉と声に安心したように、ベッキョンが聞いてきた。
「今から行っていい?」
声を聞けば、会いたいと思う。きっと会えば、好きだと思うに違いない。しかし、このもやもやとする心のままで会っても大丈夫だろうかとも思う。それでもやはり会いたいと思うほど、心を囚われているのだが。
「いいよ。」
だからこう答えるしかできない。
「今どこにいるの?」
そしてこう心配もしてしまう。
「ヒョンの部屋に向かって歩いてる。あと10分かからないくらいのとこ。」
この寒空の下、肩を竦めながら歩いている恋人の姿が思い浮かぶ。小さな疑念と自己嫌悪。そしてそれに勝る愛おしさ。
「どの辺歩いてる?タクシー向かってもらうから。」
例え過去にルハンと何かがあったとしても、もう引き返すことはできない。それに心に引っかかるものの正体は、ルハンとの過去のこと自体ではない。それを隠されていたということの方が大きい。そのことを知っていたって、きっと今は変わっていなかったはずだから。
「わかった。そこで待ってて。」
ちょうど帰り道の途中をベッキョンは歩いていた。もうすぐそこにベッキョンはいる。チャニョルは通話を切ると、今一度大きく息を吐き出した。小さな疑念を抱く前までの自分を思い出さなければと思い、今度は背筋も伸ばした。



~続く~



ランキングに参加しています。よかったら応援のぽちをお願いいたします。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


拍手、ランキングへのぽち、いつもありがとうございます。
関連記事

愛をする人・愛をされる人=10(セフン×ミンソク)

2017.11.12 09:00|愛をする人・愛をされる人

完全に潰れたミンソクをベッキョンにも手伝ってもらいセフンは部屋へと連れて行った。
ベッキョンが途中、「噂には聞いてたけど、本当にすげぇー豪邸だな」と視線をきょろきょろさせていたのが、なんだか少し面白いとセフンは思った。
そのままミンソクをベッドに寝かせ、セフンは待たせていたタクシーまで戻るベッキョンを見送る為に、一緒に外に出る。
そしてタクシーへまた乗り込もうと背中を見せたベッキョンだったが、その足がそれに乗り込むことはなく、後ろ頭をわしゃわしゃさせるとくるりと振り向き、意を決したようにセフンに一歩詰め寄ってきた。
「お前の人生だし、お前とミンソクのことだから、俺が口挟むのも違うってわかってるけど、これだけは言わせろ。ミンソクはさ、お前とのことすげぇー考えてたよ。それこそずっと先のことまで。それにお前のこと、すげぇー好きだから。年下だから心配っていうのもあるかもしれないけど、どんと構えてろよ。お前がそんなだと、あいつ自分がしっかりしなきゃって思うばっかりになっちゃうからさ。って、ああ!これだけって言って、どんだけ言ってんだよ、俺!ってことで、俺は帰る。あいつ明日は2限からだって言ってたから、お前が学校行く時に一緒に出れば間に合うと思うよ。じゃあな。」
今度はすぐにベッキョンはタクシーに乗り込んだ。そして軽く手を上げると、タクシーは走り出した。
もし今の言葉をベッキョン以外の人に言われたら、きっとセフンは反発心を覚えたに違いない。しかし他でもないベッキョンの言葉だったから、セフンはそこで小さく頷けたのだ。
そうしてベッキョンの乗ったタクシーを見送ったセフンは、一度キッチンに寄りミネラルウォーターを手にして部屋に戻った。するとベッドの上にミンソクが胡坐をかいて座っていて、俄かに驚いた。
ミンソクに駆け寄り、揺れる上半身を支えるようにして背中に手を回す。がくりと前に倒れていた頭が上がり、もう殆ど閉じている瞼が薄く何度も開閉を繰り返した。
「先輩?」
そしてそう問いかけると、かろうじてというふうにその瞼が上がり、そこにある小さな黒目がどこか不安そうにセフンを捉えていた。
つい今しがたのベッキョンの言葉が蘇る。
―――どんと構えてろよ
不安げな瞳を湛えたミンソクをセフンはそっと抱き寄せた。そしてその耳元で、そっと名前を呼んだ。
「ミンソク」
こうして名前で呼ぶのは久しぶりだった。ミンソクからは先輩と呼ばれるのは嫌だと言われていたが、なかなか「ミンソク」と呼び捨てにはできなかったのだ。
「…セフナ…」
ミンソクが自分の名前を呼び、ぎゅっと抱きついてきた。その体をさらに抱きしめた。やっぱり好きだな、と思った。ただ好きだな、と。
「もう寝て、ミンソク。明日、朝、起こすから。」
だからそう言って抱きしめる腕を緩め、その顔を見ようと思ったのだが、ミンソクのそれが緩むことはなく、ともすれば余計に力が入ったようだった。そんなミンソクの腕をセフンは剥がすことなどできなかった。
「セフナ~お前はもっと自信持っていいんだぞ!俺がお前を好きなんだからな!だからちゃんと自分のこと考えて大学を選べ!それで一緒に暮らせないってなっても、俺は何年でも待つ!だからちゃんと大学と将来のことを考えろ!その将来に、俺は必ずお前の隣にいるから!」
唐突に始まったミンソクの強い言葉に、セフンは少々面食らった。そして、その言葉に胸がぎゅっと苦しくなった。と、同時に温かくもなった。これほどにも思われていたのかと。普段のミンソクは、ここまでのことを言ってはくれないから、どうしても不安になってしまう時があるのだ。そしてその不安が、つまらない嫉妬にも繋がってしまっていたのだ。
さらに先ほどのベッキョンの言葉も思い出せば、自分がどれだけ子供かを思い知らされるようだった。
「…セフナ…ずっと一緒に…いるから…」
そしてミンソクはそんな言葉を尻つぼみに吐き出した。そしてそれに安心したかのようにセフンの腕の中で寝息を立て始めた。そんなミンソクをベッドへそっと横たえ、その体に布団を掛けた。
「はい、ずっと一緒にいてください。俺も大好きです。」
早く大学生になりたいと思った。そうすれば一緒に暮らせると、簡単に思っていた。だから大学もミンソクの通うそれの近くにしようと単純に考えた。
しかしそれでは駄目なのだ。もっと先を見なければいけない。一緒に暮らすことはゴールではないのだから。
「ミンソク、おやすみ。」
疑ったり、つまらない嫉妬なんてしている場合ではない。今できることを精一杯やらなくてはとセフンは今一度、自分は何がしたいのか、何ができるのかを考えなければと思った。



~続く~



ランキングに参加しております。よかったら応援のぽちをお願いいたします。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



拍手、ランキングへのぽち、いつもありがとうございます。
関連記事

愛をする人・愛をされる人=9(セフン×ミンソク)

2017.11.11 09:00|愛をする人・愛をされる人

凄く深いところで、まるで何もない無の世界で眠っていたようだった。
だからだろうかパッと目が覚めた。しかも枕を抱えて眠っていたようだ。その枕は見覚えがあったが、自分のものではない。
「ミンソク、目、覚めた?」
抱えている枕と背後から掛かった声に、なんでここにいるんだと前夜の記憶を遡る。しかしベッキョンと2軒目の居酒屋に行き、安いグラスワインを2杯ほど飲んだところまでは覚えているが、その後の記憶がぷつりと途絶えている。
「…ごめん…迷惑、掛けた、よな…」
ベッドの上で体勢を変え、声の主を振り返る。もう既に高校の制服を着たセフンがベッドに腰掛けていた。
そしてミンソクはといえば、酒が残っているのか体がだるかったが、そんな自分に鞭打ちベッドへと起き上がった。
「迷惑はどちらかと言えばベッキョン先輩の方に。ここまでタクシーで連れて来てくれました。」
向き合ったセフンがふっと笑いながら、そう言った。その顔に、何かが含まれているように感じた。
「なに?」
だから窺うようにそう聞くと、セフンは笑みを深め、腕を伸ばしてきた。その腕にミンソクは素直に包まれた。
「ミンソク、俺、もう一度ちゃんと大学のこと考えてみる。早く一緒に暮らしたいけど、ミンソクの負担にもなりたくないし。それに…」
そしてそこまで言うと、セフンは一度腕の力を緩め、ミンソクの顔を覗きこんできた。その顔がとても優しく、そして真っ直ぐに見つめてきて、ミンソクはなんだかとても恥ずかしくなった。だから少しつっけんどんに「なんだよ」と言ってしまった。
「ミンソクが俺のこと凄く好きなんだってわかったから、だからすぐに一緒に暮らせなくても大丈夫。ちゃんと大学のことも将来のことも考えるから。それと、つまらない嫉妬ももう終わりにする。」
そういえば名前で呼ばれている、と思うと同時に、一夜にしてがらりと変わったセフンに何かがあったというよりも、これは酒の力を借りて、というか酒の力に押されて自分が何かを言ってしまったに違いないとミンソクは思った。しかし何を言ったのかは覚えていない。覚えていないということが、とにかく恐ろしかった。
「…セフン?大学のこととか考え直してくれるのは嬉しいんだけど…その…俺、何か、言った?」
覚えていないことも恐ろしいが、また言ってしまったことを知るのも怖い。けれどどうにも思い出せそうにないので、聞くしかないのだが、それをセフンの口から聞くのも、また恐ろしいことでもある。
「ミンソクは覚えてなくてもいいよ。俺の中でちゃんと覚えておくから。さぁ、朝ごはん食べよう。」
しかしセフンはそう言うと、ベッドから立ち上がってしまった。そして一度だけミンソクを振り返り、とても幸せそうな笑顔を浮かべた。
その笑顔にミンソクは、もう何も言えなかった。

日付も変わって1時間ほどが過ぎた頃。
特に何をしていた訳でもないのだが、ベッドの上でもう寝るかと腕を天井へ向け、「うーん」と小さく唸りながら一度伸びをした。
すると傍らにあたスマートフォンが着信を告げた。こんな時間に誰だと思いながらディスプレイを見遣ると、珍しい人物からのそれだった。
「ベッキョン先輩?」
繋いだ通話もすぐにそう問いかけた。この日、ミンソクはベッキョンと飲みに行くと言っていた。そのベッキョンからの着信ということはミンソクに何かがあったということだろうかと、僅かに胸が逸った。
「悪い、寝てたか?」
ミンソクと付き合いだしてすぐ、親友だと言って紹介されたベッキョンは、とても気さくにセフンに接してきた。元々人見知りをするセフンだったが、そんなこと考える暇もないほどに。しかも紹介されて程なくしてベッキョンにも同性の恋人ができたと聞き、それからはそのベッキョンの恋人であるチャニョルも含め、良い友人関係を築いている。
「いえ、まだ。もう寝ようとは思ってましたが。…あの…ミンソク先輩に何かありましたか?」
一瞬、一緒に飲みに行っているはずなのに、もしかして一緒じゃないのかも、という思いが過った。しかし、ベッキョンの口ぶりから、そのような気配は感じられなかった。だから何でも悪い方に考える自分の思考が嫌になる、とセフンは少し自分を責めた。
「珍しくミンソクが潰れちゃって…俺んち連れて行ってもいいんだけど、初めて来るのに酔い潰れてるって、きっとミンソク凄い気を遣うだろうなって思ってさ。だったらお前んちの方がいいかと思って電話してみた。連れて行っていい?」
この人のこの気の遣いように頭は下がる一方だと、いつもセフンは思う。それこそこんなに周りに気を遣って疲れないのかとも思う。
「いいんですか?俺、迎えに行きましょうか?」
だからセフンもそれなりに気を遣うのだが、いつも呆気なく一蹴されるのが関の山だ。
「この時間に高校生のセフンを迎えに来させたなんて知ったら、それこそミンソク俺と二度と飲みに行ってくれなくなる。だから俺のことを思って送らせてくれ。で、ついでに住所も教えて。」
笑いながら明るくそんなふうに言われたら、大人しくここで待つしかない。そして本当に敵わないなとセフンは思いながら、自宅の住所をベッキョンへと告げた。
それから20分ほどして、再びセフンのスマートフォンに着信が入った。「もう着く」というベッキョンからの短い一言で、それは切れた。
そしてセフンは玄関へ向かい、その先の門扉も潜った。ちょうど目の前にタクシーが滑り込んできたところだった。



~続く~



ランキングに参加しております。よかったら応援のぽちをお願いいたします。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



拍手、ランキングへのぽち、いつもありがとうございます。
関連記事
| 2017.11 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

みむ子

Author:みむ子
K-POPグループEXOのBL妄想小説置いてます。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

デフォルトカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ