FC2ブログ

はじめましてと目次<EXO妄想BL小説>

2022.04.08 04:12|TOP

はじめまして、「虹を求めて」にお越しいただき、ありがとうございます。

当ブログの管理人「みむ子」と申します。

どうぞよろしくお願いします。

現在こちらでは<EXO妄想BL小説>を扱っております。


少しわたしのことを記しておきたいと思います。

わたしは東方神起、EXO、のファンです。

ビギストでありEXO-Lでもあります。

しかしその他のSMファミリーも好きです。

他事務所でも好きなボーイズグループもガールズグループも、あります。

i KONやBTSやTWICEがたまにつぶやき記事に登場したりします。

それぞれのグループで、「この子推し!」という子がいます。

しかし今、EXOでは、それを決めかねています。(笑)

(ちなみに前は誰をおいてもセフンたん!だったんですが、そのあとベクちゃんが急上昇し、今ではD・Oもじわじわ来てます(笑))

でも他のグループは決まっています。

(ちなみに書けば、i KONはジナン、BTSはジミンちゃん、TWICEではサナとダヒョン、あっ、レッベルのスルギもかなり好きです!)

とかなりあちこちに気があります。

そんなわたしですが、どうぞよろしくお願いします。





そして、お話が多くなってきたので、簡単なあらすじを含めた目次を作成してみました。

初めてお越しになった方は、こちらを利用していただけると便利かと思います。

(↓タイトルをクリックしていただけると第1話に飛びます。2017.09.20現在のものです。)

EXO・BL小説パラレルNO・1
金色の雨が降る=幼馴染のセフン×ミンソク(シウミン)。セフン高校生1年生。ミンソク大学2年生。恋人同士になるまで。完結しています。

EXO・BL小説パラレルNO・2
小さな世界=高校生のベッキョンとミンソクはバイト仲間。それぞれの恋愛模様を描いています。ベッキョン→チャニョル、ミンソク←セフンです。しかしそうなるまでにはいろいろとあります。完結しています。

こんな運命=小さな世界に登場したベッキョンの中学時代の先輩ギョンスのお話。ギョンス×ジュンミョン、ジュンミョン×ギョンス、リバありです。完結しています。

おいつきたくて=小さな世界で恋人になったベッキョンとチャニョルの初デートの様子です。ベッキョンサイドのお話でベッキョンがかなりぐるぐるしています。完結しています。

わかってない=小さな世界のチャニョル×ベッキョンが恋人になって初めての夏のお話。(といっても夏はあまり関係ありません)チャニョル語りでおいつきたくてのアンサーストーリーのようなものです。完結しています。

そつたくどうじ=おいつきたくてのチャニョル×ベッキョン。おいつきたくての最終話から、そのまま続いています。ベッキョンが少しだけコンプレックスを克服します。ベッキョンとチャニョルの視点が入れ替わります。完結しています。

EXO・BL小説パラレルNO・3
「正×20=100」になったら=高校生のセフン×ミンソク(シウミン)。セフン高校1年生、ミンソク高校3年生。オールメンバー登場予定の一話完結シリーズを予定。(現在更新停滞中)

EXO・BL小説リアルNO・1
フワフワとミルク=リアル設定のセフン×ベッキョン。出会いから恋人になるまで。リアルの時間軸をベースに進んでいます。完結しています。

君に捧ぐ=フワフワとミルクに登場のギョンスのお話。ちょっと難解ギョンスです。完結しています。

はがゆい君=君に捧ぐの続編、チャニョル×ギョンス。ちょっとヘタレなチャニョルと難解ギョンスです。完結しています。

君のすべてを=はがゆい君の続編。チャニョルサイドで「2人の初夜」まで。完結しています。

EXO・BL小説リアルNO・2
僕は未来人=セフンが未来人設定。お遊び的なお話です。セフン×シウミン。(現在更新停滞中)

EXO・BL小説リアル短編(単発もの)
月よ星よ=リアル設定のセフン×シウミン。前後編です。
嘘もいつかは恋になる=リアル設定のセフン×D・O。一話完結です。
ふくらむ・はじける=リアル設定のベッキョン×D・O。一話完結です。
攻防戦=リアル設定のレイ×スホ。リクエスト企画にお応えした一話完結です。

EXO・BL小説リアル短編(シリーズもの)
☆2017a-nation出演記念短編シリーズ(a-nation出演時、2人×4種類の衣装で登場したEXOを見て、同じ衣装を着ている2人をカップリングにして書いたものです。そしてEXO企画参加に伴い、企画誘導目的もありました。企画詳細←クリックすると企画詳細の記事に飛びます)
Don't go=リアル設定のベッキョン×スホ。これから始まるであろう2人の一話完結です。
Drop that=リアル設定のシウミンとチェン。セフン×シウミン・カイ×チェン。2つのカップルの受け側の2人の一話完結です。
Lotto=リアル設定のセフンとカイ。Drop thatとは逆の攻め側2人の一話完結です。
Coming over=リアル設定のチャニョル×D・O。別れの危機を乗り越える2人の一話完結です。


では、長々とお付き合い下さりありがとうございました。

そしてこれから、どうぞよろしくお願いします。



みむ子





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

【お返事】【あとがき】ダイヤルを回すように…

2018.11.21 15:00|お誕生日記念三部作

ようやくの【あとがき】です。

と、その前に、こちらでいただいたコメントへのお返事をさせていただきたいと思います。

フェリシティ檸檬様

まず初めに、かなり時間が空いてしまいましたが、改めましてお誕生日おめでとうございます!
これからの一年が檸檬様にとって素敵なものになりますことを祈っております。
そしてささやかながらお誕生日の贈り物ができたこと、勝手ながら嬉しく思っております。
今後もどうぞよろしくお願いいたします。

そしてコメントにもありましたが体調の方、いかがですか?
私は冬が苦手で、その意識のせいでしょうか、毎年この時期になると体調を少し崩します。
しかし今年は少しどころではなく、かなり酷い風邪にやられまして!
漸く体調が戻ったかな?と思える今日この頃です。
檸檬様も毎年のようにこの時期体調が芳しくないということですが、ここ数日ですっかり冬めいてきましたので、さらに体調崩されないようにお気を付け下さいね。

それと「摂取しなくなると完全にそうなってしまう傾向がある」ということを拝見し、振り返って見ると私もそうだなと思いました。
何度か触れていますが以前書いていた「韓ドラ二次」は、今はまったくですから(^_^.)
さらに「胸キュン」という言葉に胸キュンした次第ですが←それが読むこと書くことへの原動力なのですね!
ですので私のお話を読んでいただき、少しでもその力へのガソリンになってくださったのなら、それほど嬉しいことはございません。
なにせ私、檸檬様の大ファンなので!^m^
しかもカムバックで書きたいカップルができたと!これまた嬉しいお言葉が!
ちなみに私もちょっとこれは!と思うカップルができました。

とはいえ、私がこんな状態でなかなかカムバックのお話もできず、既にリパケの話しもちらほら出ておりますが、まずは、今回のカムバから。
アルバムの中では「24/7」が一番のお気に入りです。
「With You」のセフンのラップ部分がいいなと思ってます。
「Ooh La La La」はパフォーマンスと一緒の方がより良いなと思うので、歌番組の録画をリピしてます。
そしてタイトル曲の「Tempo」もまた新たなEXOの一面という感じですね。
「Tempo」の振付は日本の振付師の方だそうですが、なんだか可愛らしい←振付だなと思いました。
そして檸檬様も書いておられましたが、今回セフンが来ましたね!
「Lotto」のMVの時にカイが怪我をしていてダンスシーンの撮影ができなかった時、セフンがそれを全て背負っていたように思えましたが、今回はそう言った状況がない状態でもあれだけやってくれて←嬉しかったです。
ティーザーが出た時点でやっぱり私のヴィジュアルキングはセフンだなと思っていて、そこへきてのあのMVと歌番組でも同じ熱量を感じたので「よし!」と思いました。
しかし今回のカムバほど、「やっぱりEXOメンバーのヴィジュアルって凄いな~」と感心したことはありませんでした。
あの画面から次から次へと変わり代わり映し出されるメンバーの、これでもかと迫りくる感じ(笑)
ただ皆が皆本気を出してくる中で歌番組などでベッキョンが割と大人しめのメイクで出てくると本当に地味だなと←ファンです!ディスってません!
そしてやはりどうしても外せないのがディオです!どうしてか、私の目を引くんですよね~(*^_^*)
私は彼を歌手とか俳優とかというよりも表現者と思ってます。アイドルEXOのD・Oと俳優ド・ギョンスを表現している感じ。なんだか不思議な感覚です。

ということで(笑)リパケもどのような楽曲がくるのか楽しみですね!

さて、お話へのお返事ですが、最後はディオでした!
実はここだけの話し…ディオのターンのお話はもう少し長く、というかかなり加筆修正を施したのですが…それがネットの電波状況があまり良くなかったようで保存ができず…(;_;)
しかし、もう書き直すこともできず><
ディオがもっとベッキョンに懸想していたのに!←と少し悔しいなと(笑)

そしてこれまたここだけの話し、第一部「指先だけが知っている」は初め「ディオ→ベッキョン」で書いたものでした。
そうしてそのままの流れで第二部「許されざる者」は「ベッキョン→チェン」「ベッキョン×ディオ」で書き上げたのです。
が!いざ第三部、となった時「チェン→ディオ」があまり上手く書けず…。
それならばと、3人の気持ちのベクトルの先は変えず、それぞれの設定を変えてみたところ、これは行ける!となったわけです。

ですので第一部のあのレコーディングスタジオで隣にいる相手を舐めるように見つめていたのはディオで、そんなディオの指を楽譜で隠し触れていたのはベッキョンだったのです。
さらに言えば第二部の冒頭で天井を見つめながらどこを好きになったと自問自答しているのはベッキョンで、バスルームに続く洗面所でイタしていたのはベッキョンとディオでした。

とここまではすらすらと書けたのですが、その先が…。(洗面所の扉の前で悶々としていたのはチェンの予定でした。)
ということで、今回公開した設定でのお話になった訳なのですが、それでも楽しんでいただけたようなので、ほっと安心しました。
そして三人でどう?は勿論私も思っております!(笑)ので、もうそういった妄想もしていただければ幸いですアハハヾ(≧∀≦*)ノ〃

しかしやはりベッキョンに懸想するディオが三度の飯より好きな檸檬様の贈り物としては、当初の設定の方が良かったかしらと思ったり。
でもこの一方通行のトライアングルの立場は、誰がどこにいても当て嵌まるものだなとも思います。
そして檸檬様のコメントにあるように行き場のない思いを胸に抱える若者というのに、強く惹かれます。
ですから私の好きな彼らにそういう若者を当て嵌めたくなるのでしょう。
それが素敵なお話と言っていただけること、これまた感謝でございます。
しかも檸檬様のベスト・二次BLシーンのひとつに私のお話を加えていただけているなんて、これまた私も身に余る光栄でございます!ありがとうございます!

なんだかとても長いお返事になってしまいました。
そしてお返事がとても遅くもなってしまいましたことも、どうぞお許しくださいね。

では、これからもよろしくお願いいたします!


【あとがき】ではないのか?と思いながらここまで読んで下さった方、ありがとうございます。

【あとがき】で書くべきことは、すべてお返事の中に書いてしまったようにも思いますが、あえてもう少し加えることがあるとしたら、やはり「あのあとはどうなった?」というころでしょうか?

お友だちにも「コメントは控えたけれどあのあとはないの?」とラインのやり取りの中で聞かれまして(笑)

まぁ、ないのですが><

でも上のお返事でも触れておりますが、なんなら3人で…はダメでしょうか?

まぁ、あの場に入って行ってそこで、という訳にはいかないでしょうから、そこへ至るまでにはまた一波乱も二波瀾もあるんでしょうが。

それか、それぞれカップルで、ということにして、相手によって受けになるか攻めになるか変わる、とか?でもいいですが、やはり3人で←

書けませんけどね!

それと、今回の三部作は当初の設定が違っていまして、間男をするのがディオでした。

歪なトライアングルのベクトルの向かう先は同じですが、間男が誰になるのか、誰と誰が付き合っているのか、などは設定によって違ってきます。

みなさまは今回公開された設定でよかったですか?

それとも間男がベッキョンだった当初の設定の方が読んでみたかったですか?

チェンが間男、って設定も考えられますね。

ただ間男が誰になるかで、その後が変わってくるかもしれませんね。

ディオは洗面所の扉を開けてしまいましたが、他の2人だったら?と。

そういうのを妄想するのもまた楽しいですね←

ということで、もし今回の設定が良かった!とか、ディオあ間男の方が…、とかございましたら気軽にコメントください。

よろしくお願いします。


そして来週はチャニョルのお誕生日ですね。

チャニョルペンのお友だちがいるので、その方の為にも何か書けたらなと思っています。

ですので、その時にお会いできたらと思います。

では、また来週!(たぶん…)



ランキングに参加しています。よかったら応援のぽちをお願いします。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


拍手、ランキングへのぽち、いつもありがとうございます。

【あとがき】と言えるのか?

2018.11.17 09:00|愛をする人・愛をされる人

今さらながらの「愛をする人・愛をされる人」の【あとがき】です。

お付き合いいただけたらと思います。

よろしくお願いします。


まずはこのお話へのたくさんの拍手、ランキングへのぽち、コメントをありがとうございました。

そのような形での応援に支えられ、再開してからはスムーズに更新できました。

大変有難かったです。

繰り返しになりますが、本当にありがとうございました。


さて、【あとがき】ですね。

このお話を書こうと思った時、4組のカップルを登場させることは決まっていました。

さらに「レイ×ルハン」カップルはプロローグとエピローグのみ、プロローグでくっついてエピローグで別れる、ということも決まっておりました。

本編で登場させる3組「チャニョル×ベッキョン」「セフン×シウミン」「D・O×スホ」には、それぞれ何かしらの問題を提議し解決させ、最後は元の鞘に収まる、ということのみを決め書き始めました。

そして初めから明るい展開になることはないだろうと予測して書き始めたのですが、これまたドツボにはまるくらい暗くて(笑)、しまいには書けなくなるという事態に陥ったことは、ちょいちょい記事にもしていましたし、連載の始まりが去年の11月1日で全45話しかないにも関わらず最終話が今年の11月5日という、実に完結までに1年を有したことを見ても、我がことながらよくこれほどまでにしんどいお話を書いたなと思う次第です。

ただこれもどこかの記事でちらりと呟いたことなんですが、本当はもっと長い話を予定しておりました。

いただいたコメントへのお返事にも書いたのですが、ドスホカップルについてはもっと書きたいエピソードもありましたし。

しかしこれは私の文才の無さもあり、それを書ききれなかったし、あまりにも暗い展開過ぎて、もうこのお話から逃げたくなってしまったのです(笑)

さらに言えば、そもそも書きたかったことが実は全然書けていないのです←

ですのでタイトル「愛をする人・愛をされる人」というのも、なんとなく中途半端になってしまいました。

いつかまたその「書きたかったこと」を書けたら、とも思うのですが、あまりにもシリーズものが多く(長く)なると、初めて訪れてくださった方に敬遠されるかなとも思ったりしますので、少々悩みどころ。

でもやはりここまで書いてくると愛着も沸くし妄想もしやすい←ので、やっぱりまた書くだろうなと思います。

そうでなくても最近はあまり新しい設定でのお話が思いつかなくて、これまでに書いたカップルで設定を考える方が楽だななんて思ったりしてしまっています。

ダメだな、とは思うんですけど。

と、話しが少し逸れましたね。

とはいえ先ほども書きましたが、どうしても私の中で中途半端に終わらせた感があるので【あとがき】といっても、これまた書きたいことは書けない気がします。

ですのでお話のことというよりも、カップリングについて少し書こうかなと思います。

これまでにも何度も書いてきておりますが、やはり「フンミンカップル」強しですね!

ひとつのお話として更新しているのに、フンミンカップルサイドのお話にいただける拍手の方が確実に多かったです。

しかし今回のお話の中で「一瞬、ベッキョンに惹かれるセフン」という場面を書いたのですが、これは本当にウケが悪かった(笑)

これはセフンファンが多い、とかシウミンファンが多いというのではなく、「フンミンカップル」ファンが多いということが如実に現れていることだなと思いました。

まぁ、私も一番「フンミンカップル」が好きなんですけどね。


なんかここまで書いてきましたが、本当にこれが【あとがき】でいいのでしょうか?と思い始めてきたので終わりにしようかな←

ということで、今後の予定です。

近日中に先日公開しました「ベッキョン・チェン・D・O」の歪んだ一方通行トライアングルのお話の【あとがき】を更新しようと思っております。

そのお話へいただいているコメントへのお返事も、その【あとがき】内でしたいと思いますので、もう少しお待ちいただけたらと思います。

よろしくお願いします。

では、【あとがき】にもなっていない【あとがき】で失礼いたしました。

また近々お会いしましょう!



ランキングに参加しております。よかったら応援のぽちをお願いします。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



拍手、ランキングへのぽち、いつもありがとうございます。

嫉妬と羨望と(D・O)

2018.11.08 15:00|お誕生日記念三部作

声を好きになった。ほぼ同じ音域を持つ、その低く奥行きのある深い声を。
ジョンデが天に抜けるようなどこまでも上に昇って行くような直線的な高音の持ち主だとすれば、ベッキョンは広い森の中を縦横無尽に進んだ先に広がる草原のような、立体的な声音の持ち主だと俺は思っている。

EXOというグループでデビューすることが決まり、ボーカル組と呼ばれるようになった。しかしその組み分けの中で俺は劣等感を感じずにはいられなかった。入所僅か数ヶ月でデビュー組と呼ばれるようになったジョンデとベッキョンの歌唱の才能は誰もが認めるものだったからだ。

まだ少し先になるけどEXO12人の完全体の時は、高音のジョンデと低音のベッキョンを繋ぐのがギョンスよ。

しかも極めつけはボイストレーニングの先生に言われたこの言葉で、それは2人がメインボーカルだという意味だった。
その時、猛烈な嫉妬心が湧き上がった。それは2人にはではなくベッキョンにだった。何故ならば、俺たちの音域はほぼ被っているにもかかわらず、低音パートのメインはベッキョンだと言われたからだ。

しかしそんな猛烈な嫉妬心もいつか鳴りを潜めていく。それはベッキョンの絶対的な才能を前にしたら、そうならざるを得なかった。そしてそうなってしまえば次に起こる感情は羨望だった。それは声に限らずその人格にも、だった。始めこそただ五月蠅い奴だとしか思わなかったが、それだけじゃなくさりげない気配りが出来ることや誰に対しても臆することなく向かって行けるところは、ただ凄いと思ったりする。だからベッキョンの人懐っこい笑顔は、向けられて嫌な思いをする人はいない。

そうしてそれが羨望という感情なのだと自分の心が落ち着き始めた頃のこと、ベッキョンとの何気ない会話の中で自分が恋に落ちる瞬間を目の当たりにする。

「ギョンスの歌声聞いてると安心するんだよ。俺の勝手な思いだけど、『ベッキョンは自由に歌っていいよ』って言われてるみたいで。」

プライベートでのノーメイク、眠そうな垂れ目と甘えたように突き出した薄い唇。その唇から歌声とはまた違った、例えるならば低いくせにコロコロと鈴が鳴るような声でそう言われ、正直胸を射抜かれた。そして知った。嫉妬と羨望は恋と紙一重なのだと。

自分にはないものを持っている。それだけで好きになるには十分だが、だったら声質の正反対のジョンデをとも思わないでもないが、正直ジョンデには嫉妬や羨望といった感情は生まれなかった。何故ならば自分とは違い過ぎるからだ。その声質も音域も何もかも。
それにそもそもジョンデの方からしても俺をそう言った意味でライバルとは思っていない。あまりにも俺たちは違い過ぎたから。



だが今、俺は猛烈にジョンデに嫉妬している。その声にではない。いや、声にもかもしれない。そもそも2人の声を繋ぐ役割は自分だったはずなのに。バスルームへ続く洗面所の扉の向こうから聞こえてくるのは、吐き出されるシャワーの音に混じる2人の吐息。
甘美な高さを持つジョンデの声と嫉妬と羨望とそして恋い焦がれたベッキョンの声が、耳触りも悪く不協和音なユニゾンを奏でている。

恋人のジョンデがベッキョンと浮気をしていることは、すぐに気づいた。しかもそれがいつからかも俺は知っている。
2人でレコーディングのスケジュールがあった日。機材のトラブルでレコーディングが中止となり、早々に2人で宿舎に戻って来ていたと聞いたあとのベッキョンの態度で、すぐにわかった。ベッキョンは良くも悪くも隠し事が下手だ。

それになんといってもベッキョンはジョンデが好きだから。

そんな単純な理由だけではないが、それが大きな理由であることも確かだ。
嫉妬と羨望。それが高じていき恋心へ発展する。わかりすぎるくらいベッキョンの気持ちがわかった。だからこそ2人の関係にもすぐに気づいてしまったのかもしれない。

自分もそうだったから。

自分にはないものすべてを持つビョン・ベッキョンという存在は、俺にとっては嫉妬と羨望の対象だった。歌の才能も人としての素養も、憎いくらい羨ましかった。
そんなベッキョンが自分の恋心を隠し、好きな人の幸せを願った。やはり嫉妬と羨望しかなかった。それが自分の心を歪ませた。ジョンデの気持ちを受け入れ、ベッキョンを泣きそうな笑顔にさせた。
結果それが今では自分で自分の首を絞めているということもわかっている。しかしもう引き返せない。

洗面所への扉に手をかける。
これを開けばなにもかもが壊れ、大きな痛みを伴うだろう。それがわかるから一瞬躊躇し、扉から手を離した。

「…ベッキョナ…もうイっていい?」
「…いいよ…」

しかし扉の向こうからくぐもった声で僅かに聞こえてきた2人の声に理性の箍が外れ、俺はその扉を開いた。

嫉妬と羨望は恋と紙一重であり、また狂気とも隣合せかもしれない。




~終わり~


ランキングに参加しています。よかったら応援のぽちをお願いします。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


拍手、ランキングへのぽち、いつもありがとうございます。

お誕生日おめでとうございます!

2018.11.08 12:00|お誕生日記念三部作

本日はブログ上でお友達になりましたフェリシティ檸檬様のお誕生日です。

おめでとうございます!

そのお祝いにささやかではありますがお話をお贈りしようと思います。

最近はなかなか交流ができておりませんが、この日の為にずっと温めておいたお話です。

全部で三部作になります。

現在第二部まで公開させていただいております。

このあと15時に最終部が公開になります。

正直、温めておいたお誕生日のお祝いのお話というにはアレなお話ですが←

それと私の体調がまだまだ芳しくなく、この記事もこのくらいでお暇したく思います。(なんか日本語変?)

また体調が良くなりましたら「愛を〜」のあとがきや、今回の三部作のあとがきやらを書きたいと思います。

朝晩はだいぶ冷え込むようになりました。

みなさまも体調崩されないようにお気をつけくださいませ。

では、また。



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
| 2018.11 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

みむ子

Author:みむ子
K-POPグループEXOのBL妄想小説置いてます。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

デフォルトカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ