FC2ブログ

【EXO-CBX MAGICAL CIRCUS TOUR記念】めざせ!THE GREATEST SHOWMAN!=21

2018.07.02 09:00|めざせ! THE GREATEST SHOWMAN!

兄の可愛らしい怒りに降参し、ベッキョンとチェンはそれぞれ前夜に何があったのかを話した。
誰に聞かれるわけでもないのにベッドの上で小さく3人で輪になり、ひそひそと小さな声で、身振り手振りを交えて。

チェンは下心が云々、口説かれている云々と言われながら、ディオとリッチマンスホに蚊帳の外にされるのはもううんざりで関わりたくないと思っている、と素直な気持ちを吐き出した。
なんだか告白されたのにフラれた気分のような、とても複雑な気持ちになるとも言った。実際は告白もされていなければ、フラれてもいないのだが。
そんなチェンの気持ちにシウミンとベッキョンは同調の声を上げ、あの2人からチェンを守ると言ってくれた。

そしてベッキョンはチャニョルに自分のことを言い当てられ、とても恥ずかしかったと、これまた素直な気持ちを2人に告げた。
ただ、そのあとどうしてかチャニョルの笑顔が頭の中を出て行ってくれないのだということは、何故かシウミンとチェンに言えなかった。自分でもそれが何故なのか、まったくわからなかったである。

そうしてすべてのことを話し(ベッキョンは小さな秘密を胸に秘めているが)、蟠りがなくなった3人はベッドの上でごろりと寝転び天井を見上げた。

「なんだか余計なことばっかりで、ショーマンへの道は進まないな。」
「うん、そうだな。」
「でも、こうしてサーカスで働くのも、やっぱりいいよな。」

最後のシウミンの言葉に、隣り合っているベッキョンとチェンは顔を見合わせる。そしてその表情に、同じ気持ちを読み取ると笑顔になり起き上がり声を揃える。

「「うん、やっぱりサーカスもいいよね!」」

3人の気持ちが同じだということが確認できると、3人とも笑顔になった。
そうして3人はなんだか満たされた気持ちになり、気持ち良くベッドの中へ入った。

「また明日も一所懸命働こうぜ!」
「今日はなんだかぐっすり眠れそうだ!」
「よし、明日に備えて寝るぞ!」

「「「おやすみ!」」」

それから暫く、3人は以前と同じようにサーカスの団員に戻ったような生活を送った。
時折、ディオとリッチマンスホがチェンの近くに寄りたそうにしているのを横目に、チェンはなんならあの2人ができてしまえばいいと思いながら、シウミンとベッキョンが睨みを利かせてくれている陰に隠れていた。
そしてそんなスホの近くにいるチャニョルのことがベッキョンは気になって仕方がなかった。
ただ時々目が合うとチャニョルが寄越すウィンクに、ちょっとばかり引く思いがあったが、前ほど嫌だと感じていない自分に驚いたりもしていた。




~続く~


ランキングに参加しています。よかったら応援のぽちをお願いします。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



拍手、ランキングへのぽち、いつもありがとうございます。
関連記事

Comment

非公開コメント

| 2018.11 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

みむ子

Author:みむ子
K-POPグループEXOのBL妄想小説置いてます。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

デフォルトカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ