FC2ブログ

【EXO-CBX MAGICAL CIRCUS TOUR記念】めざせ!THE GREATEST SHOWMAN!=29

2018.07.12 09:00|めざせ! THE GREATEST SHOWMAN!

この日は大切なデビュー日だというのに、ベッキョンのコンディションは最悪だった。寝不足と(勝手な)失恋で。

「うわ!お前どうしたの?」

一番先に起き、既にすべての用意が終わっていたシウミンが、ベッドに起き上がったベッキョンの酷い顔を見て驚いた。

―――やべぇ…瞼が上がらねぇ…

お世辞にも大きいとは言い難い目は、寝不足と少しだけ泣いたことから、さらに視界が狭まっていた。

「…ちょっと緊張して眠れなかった~…」

開かない瞼を手の甲でごしごしとしながら、ベッキョンは兄と同じ年の兄弟に心配させまいと明るい声で言った。
しかしさすがのシウミンも、このベッキョンの状態がただの寝不足ではないことくらいわかる。伊達に長年一緒に暮らしてはいない。
けれど今、何があったと詮索したところでベッキョンは答えないだろうし、この状態が良くなるわけでもない。

「公演は夜だから時間ぎりぎりまで寝てな。準備は俺とチェンでやるから。」

だからそう言って、シウミンはベッキョンをベッドへ寝かせ、その目元へ冷たくした濡れタオルを置いてやった。

「…兄さん、ありがとう…。チェン、よろしくな。」

シウミンとチェンの「ああ、わかったよ」という返事を聞いたか聞かないうちに、既にベッキョンは再び眠りの世界へ落ちていた。


公演は夜からといっても、その準備に昼間から忙しい。なにせ御前公演なのだ。
しかし忙しなく働く団員たちの中にシウミンとチェンの姿は見つけられても、どこを探してもベッキョンの姿は見つけられなかった。

「ねぇ、ベッキョンは?」

忙しく働くシウミンにチャニョルがそう声を掛けてきた。
すると少しだけ窺うように真っ直ぐの視線をシウミンはチャニョルに向けた。

「…少し寝不足みたいなので寝かせてます。」

シウミンは言おうか言うまいか少し悩んだ。それはきっとこの日が大事なデビュー日だから。そんな日に寝不足なんて、とレイに言われそうだなと思ったからだ。
それでも素直に本当のことを言ったのは、なんとなくチャニョルは悪いようにはしないだろうと思ったからだ。

「ベッキョンの様子…俺が見に行ってもいい?」

そしてその思いはやはり思った通りで、チャニョルはちゃんとこちらに気を遣ってくれている。
血は繋がらなくとも兄弟同然の3人が一緒に暮らすテントなのだ。そこに勝手に入るわけにはいかない、そう思って尋ねてくれたんだろうとシウミンは思った。けれどそうは思うがやはり不安もある。

「…もしかしてベッキョンに、今日の公演休めとか言いに行くんですか?」

だからそう聞いてしまった。
しかしチャニョルは安心させるように、にこりと微笑むと優しく言った。

「まぁ、あまりに酷い状態だったら、そういったことも言うかもしれないけれど、ちょっと心配なだけ。起こさないようにするからさ。」

その言葉にもシウミンも納得し、「いいですよ」と答えた。
それにチャニョルが「ありがとう」と満面の笑みで言うものだから、シウミンには若干の「?」が浮かんだ。

―――なんであんなに笑顔?

天然でニブチンなシウミンにはわかるはずもないチャニョルのその笑顔のまま、チャニョルはシウミンに背を向けてベッキョンが眠っているテントの方へと行ってしまった。
その背中を見送りながら、少しばかり首を傾げるシウミンの近くにチェンがやって来て、下がり眉のニコニコ顔で言った。

「チャニョル、ベッキョンのことが好きなんだよ。それでベッキョンもチャニョルのこと、ね。」

そこまでのチェンの言葉にもシウミンは瞼をぱちぱちと瞬かせ、またしても少しだけ首を傾げ、真顔で言った。

「俺もチャニョル、好きだけど?」

チェンは下がり眉はそのままにその趣を変え、困ったように小さく息を吐き出した。この兄が初心で奥手過ぎるのは、他でもない自分たちのせいでもあるわけだから。
そしてそんなシウミンの肩をポンポンと軽く叩くと、キュッと口角を上げ口を開いた。

「チャニョルのベッキョンへの好きとベッキョンのチャニョルへの好きは、ラブだよ。兄さんの好きは、ラブじゃないでしょう?」

シウミンはいつの間に2人がそんなことになっていたんだという驚きと、自分がまったくの勘違いでおかしなことを言ってしまったことに気づき慌てた。

「ち、違う!勿論違うよ!」

赤くさせた顔に乗る大きな一重の目を見開いて、両手の平を見せながら振り、体全体でそれを表現する兄をチェンは苦笑いで、その肩を抱いた。勿論ラブではなく親愛の情をこめて。



~続く~


ランキングに参加しています。よかったら応援のぽちをお願いします。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


拍手、ランキングへのぽち、いつもありがとうございます。
関連記事

Comment

暑いですね…

毎日の更新ありがとうございます。
楽しみに毎日読んでます。
昨日の更新でまさかのベク失恋(疑惑)…で、なんか切なかったです。
しかし、一方でチェンは喘いでいたのか…と、下世話なことを考えておりました。
指導者との恋はオンオフが大変そう。
レイさんとなると、仕事モードかと思いきや尻を揉まれるチェンが容易に妄想できました。←ただの変態。
リッチマンとピエロの恋はあるのですか?
楽しみにしてます。。。

Re: 暑いですね…

日色様、おはようございます!

コメントありがとうございます!
なんとか平日のみですが、毎日更新できております(*^^)v
楽しみに読んでいただけているようで嬉しいです♪
最後まで頑張りたいと思います~^m^

あまり切ない要素は入れないでおこうと思ったのですが、やはり少しはね、ということで疑惑程度に(笑)
そしてチェンチェン、喘いでいたのか?(笑)それとも…真相はいずれわかるかと…
確かにレイさんとの恋愛はオンオフが大変そう(^_^.)
オンの時にチェンチェンの尻揉んでればいいけど、他の人にまで手出しそう…←私も同じ穴のムジナ…

リッチマンとピエロは、さてどうでしょう^m^
喧嘩するほど仲は良いけどね~(笑)

本当に毎日暑いですね!
今日も朝からエアコンガンガンです(^_^.)
夏バテしないようにしてくださいね~♪

またよろしくお願いします!
非公開コメント

| 2018.11 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

みむ子

Author:みむ子
K-POPグループEXOのBL妄想小説置いてます。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

デフォルトカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ