FC2ブログ

【EXO-CBX MAGICAL CIRCUS TOUR記念】めざせ!THE GREATEST SHOWMAN!=30

2018.07.13 09:00|めざせ! THE GREATEST SHOWMAN!

ふわふわと体が浮いているような、眠っているような、夢を見ているような、そんな感じだった。
けれど全然幸せな気分じゃなくて、このまま眠り続けていたいような、目覚めて現実を目の当たりにしてしまいたいような、いろいろ感情やらがぐちゃぐちゃな気分だった。

それでも目を覚まし、体を起き上がらせ、顔を洗い歯を磨いて、身支度を整えなければいけない。
だって今日は、これまで生きてきた中で一番大切な日なのだから。

でもやっぱりまだ起き上がるまでの気力は回復できていない。正直、チャニョルのことで、ここまで自分がダメージを受けるとは思っていなかった。こうなって初めて、それだけ自分の中でチャニョルの存在が大きくなっていたと知った。
シウミンのことを鈍感だなんだと揶揄したが、自分だって相当だ。こうしてベッドから抜け出せないほどなのだから。

もうここは諦めて、もう一度深い眠りの世界に落ちてしまおうかと思った時だった。
冷たい濡れタオルが瞼に、そして少し冷たい手がベッキョンの額に、そっと置かれた。

―――…兄さん…かな…

覚醒しきれていない意識の下では、思い当たる人がその人しかいなかった。様子を見に来てくれたのだと、そう思った。

「…兄さん?ごめんね…」

だからそう言って、まだ上手く動かない体を少しだけ動かし、額に置かれた手に擦り寄った。
その手に少しだけ、いつもの兄のそれとの違和感を感じたけれど、夢うつつの狭間のせいだと思った。

「あと少しだけ寝かせて…そしたら、そしたらいつもの俺に戻るから…あと少しだけ…」

いつも元気で前向きなベッキョン。それが自分であり、そうありたいと思っていた。周りに振り回されることなく、何があっても倒れることもなく、そう進んでいけると思っていたのに。まさか、たった1人の人間の言葉だけで、こんなにもダメージを受けるなんて。

「…兄さん…俺…失恋…したみたい…」

しかもそれを自分の中だけでは抱えきれなくなってしまった。例え本当の兄弟以上と思っていても、こんな弱い自分を兄に見せることなどないと思っていたのに、やはり自分は自分が思ってたよりも弱いのだと思い知らされる。

「でもさ、おかしいんだよ、俺。ボンキュボンのミランちゃんが好きだったはずなのに、ボンもキュもない、しかも俺よりもでかい男が好きなんだよ。ミランちゃんのあのふかふかそうな胸に顔を埋めたかったのに。今はつるっぺたな広い胸の中に抱きしめられたいとか思っちゃってんだよ。俺、おかしくない?」

言葉を繋いでいると、だんだんと頭がすっきりとしてきて、意識は完全に覚醒していた。けれど瞼の上には濡れタオルが置かれているので、その向こうの世界は見えない。
しかも兄は驚いているからなのか、何も言葉を発してはくれなくて、ベッキョンは額に置かれた手に、さらに擦り寄った。

「吟遊詩人とかふざけた職業でさ、ちょっとチャラくてさ、すげぇO脚でさ、有り得ないほど耳がデカくてさ、絶対ナルシストだろうなって奴なのにさ…俺、おかしくない?」

少しディスれば嫌いになれるかも、とか、出来るはずもない期待をしてみる。
きっと嫌だと思うところを数限りなく挙げたとしても、それと同じだけ、いやそれ以上に好きなところも見つけられる気がする。
けれど今は、そんな自分が嫌になりそうだ。

「でもさ、あいつ…好きな子がいるんだって。ずっと好きだったんだって。これからもずっと好き…なんだって…グス…俺、自分の気持ち自覚したと同時に失恋…グス…しちゃった…よ…兄さん?」

額に置かれていた手が、ゆっくりとベッキョンの頬に下がっていく。その時にやはりと、その手の感触が兄のものではないと感じた。
誰だ?と思うと同時に、すっと背中に何かが通り過ぎた。濡れタオルで隠された目は、もう完全に覚め、喉はごくりと鳴った。恐る恐る瞼に乗る濡れタオルに自分の手を伸ばし、それをキュッと掴み、そっとずらしてみた。

―――!!!!!!!!!

ベッキョンはそこにあった顔に驚き反射的に再び瞼を強く瞑った。
そしてその現実から目を逸らすように、もう一度夢の世界へまさっかさまに落ちていきたいと願った。




~続く~



ランキングに参加しています。よかったら応援のぽちをお願いします。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


拍手、ランキングへのぽち、いつもありがとうございます。
関連記事

Comment

非公開コメント

| 2018.11 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

みむ子

Author:みむ子
K-POPグループEXOのBL妄想小説置いてます。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

デフォルトカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ