FC2ブログ

【EXO-CBX MAGICAL CIRCUS TOUR記念】めざせ!THE GREATEST SHOWMAN!=42

2018.07.27 09:00|めざせ! THE GREATEST SHOWMAN!

デビューステージの前に改めてお互いの絆を確認した3人ではあったが、ほぼ同時にできた恋人のことはまだまだわからないことの方が多い。
そこで3人はやいのやいのと自分たちのことを少しづつ話そうとしていて、実際3人以外は誰もいないのだが、もしそこに誰かがいてその場面を見ていれば間違いなくこう思っていただろう。

―――女子会か!

そんな雰囲気の中、シウミンが思い出したように自分が一番驚いたことを口にした。

「っていうかチェン!いつの間にレイとそういう関係に?」

割かし分かり易いベッキョンの恋心も見抜けず、それこそチェンが度々ベッドを抜け出していたことすら知らなかったシウミンが、そもそもそんなことに気付けるわけがないのだから知らなくて当然だ。
さすがにベッキョンだってスホやディオから教えられたようなものなのだから。

「え~と…出会ってから、わりと早い時点で…」

そしてその答えを聞き、そりゃそうだろうとシウミンもベッキョンも思った。チェンとレイより先に知り合ったベッキョンとチャニョルが、漸く両想いになったところなのだ。
しかしチェンははっきりと「恋人同士」だと言った。その言葉が意味していることはといえば、シウミンはどう捉えているかはわからないが、ベッキョンはもうそういうことだろうと理解していた。

「そうなんだ。レイって真面目な仕事の虫で恋愛なんてって感じだと思ったけど、そうでもないんだね。」

けれど意外にもシウミンがそんなことを言うものだから、ベッキョンは少しばかり驚いた。初心で奥手でなにも知らないかと思っていたが、それこそそうでもないんだなと感心した。だが、それも束の間。

「だけどチェン!お前も水臭いな~!そうならそうと言ってくれれば良かったのに。そうすれば2人きりの時間とか、もっと作ってあげられたのにさ~。練習の時くらいしか一緒にいられなかっただろう?俺たち邪魔だったよな?2人きりになれないとか寂しい…」

なんだかとんでもない勘違いをしたままのシウミンが1人、的のずれたことを話し続けていた。
そんな不憫なシウミンにベッキョンは、心で話しかけるしかできない。

―――違うんだ!違うんだ、兄さん!チェンは毎晩俺たちのベッドを抜け出してレイのベッドへ…

そしてシウミンの話しを聞いているチェンもまた、困ったように眉を下げ、苦笑いを浮かべるしかない。

―――なんだかいろいろごめんね、兄さん…

そうして気を遣ってやれなかったダメな兄だと自分を責める不憫な兄を2人の弟は、また抱きしめた。

「「兄さん!」」

それ以上2人はなにも言えなかった。そして思う。

―――やっぱり兄さん!セフン王子を養うっていうけど…その意味わかってるかな…大丈夫かな…

そしてそのからの小さな可愛い恋人たちによる女子会では、チャニョルの素性がシウミンによって明かされ、恋人であるベッキョンは知らなかったと驚き、さらには怒りを爆発させるが、それをチェンに諌められたりと、いろいろな意味でその会は盛況を博す。

そうして3人の絆がさらに深まったことは言うまでもない。
さらに言えば、控室の外にいたそれぞれの恋人たち3人は、キャッキャキャッキャと女子会を繰り広げる小さな可愛い恋人たち(おおいに攻めの面々のフィルターがかかっています)の様子に耳を欹て、そのあまりの可愛らしさ(これもまたフィルターが…)に鼻の下を伸ばしていたことも言うまでもないことである。



~続く~


ランキングに参加しています。よかったら応援のぽちをお願いします。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


拍手、ランキングへのぽち、いつもありがとうございます。
関連記事

Comment

非公開コメント

| 2018.11 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

みむ子

Author:みむ子
K-POPグループEXOのBL妄想小説置いてます。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

デフォルトカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ