FC2ブログ

愛をする人・愛をされる人=エピローグ(ルハン×レイ)

2018.11.05 09:00|愛をする人・愛をされる人

もう波の音は聞こえない。
その代りに耳に届くのは都会の喧騒だ。
「もう春だって言っても夜はまだ寒いよ。」
マンションのベランダで見えもしない眼下の雑踏を見つめていたルハンの肩にカーディガンが掛けられる。その優しさがやはり辛いとルハンは思う。
数日前、改めてチャニョルに恋人だとベッキョンを紹介された。最後に会った時はまだ幼さを残す高校生だったベッキョンが、もうすっかり大人になっていてルハンは少しばかり驚いた。そしてそんなベッキョンの中にミンソクの姿を探している自分がいて、それにもまた驚いた。
「…もうシウの声が思い出せないんだ…」
死んでしまった恋人と瓜二つだったミンソク。それはこの今では恋人と呼ぶ幼馴染も認めている。しかしその性格は正反対とも言えた。だからこそわかるのだ。今になって。自分が誰を好きなのか。
「仕方ないよ。もう10年以上前のことだ。シウがいなくなったのは。」
確かに時間は問題かもしれない。けれど。
「それに顔も思い出せない。どこを好きだったのかも。本当に俺たち恋人同士だったのかな?」
死んでしまった恋人は浮気性だった。しかも決まって相手は女の子だった。そしてそれが発覚した時の決まり文句は「自分が男だってことを忘れたくない」だった。その言葉を聞く度に、だったら自分を抱けとルハンは言った。しかし死んでしまった恋人に鼻で笑って「綺麗な顔してても、所詮お前は男だろ」と言われてしまったら、なにも言い返せなかった。
「もしかして、この前、『ミンソク君』も来たの?」
春の夜、吹く風は本当に肌寒かった。ルハンは背後に立つイーシンを漸く振り返り、小さく首を横に振った。片えくぼをくっきりと作ったイーシンのなんともいえない笑顔にルハンは心が痛かった。けれどこれ以上、ルハンはその心を殺せなかった。
「イーシン。俺は。愛されるより愛したい。誰かを心から愛したい。そしてその後で愛されたい。」
セクシャルマイノリティーゆえに愛すること愛されることに臆病なベッキョンに恋愛という感情ではない愛しさが募った。そして羨ましかった。臆病ながらも懸命に手探りで前に進もうとしている姿が。だからチャニョルが夢中になるのも理解できた。やはり羨ましかった。ベッキョンもチャニョルも。
そうして思ったのだ。あの時、ミンソクとの逢瀬を重ねている時、もう既にシウの顔も声も思い出せなかった。そこに誰もいない時、シウを思い出そうと思っても、真っ直ぐに自分を見つめてくれるミンソクしか思い浮かばなかった。心から愛したかった。そして愛されたかった、ミンソクに。
「俺が心から愛するのは、お前じゃない。愛されたいのもお前じゃない。ごめ「謝らなくていいよ。ううん、謝らないで。」
波の音が聞こえなくてよかったとルハンは思った。あの心をざわつかせるセンチメンタルな音が聞こえてきたら、こんなふうにイーシンを傷つけられなかったと思う。人工的な耳触りな音が自分を非情にさせることを助けてくれたのだ。ルハンはそんなことを思いながら、真っ直ぐにイーシンを見た。
「本当はわかってた。ルハンが愛されるよりも愛したい人間だって。だってあれだけシウに酷い仕打ちされたって別れなかったでしょ。だから、いつ言われるかなって、この2年、ずっと怯えてた。」
さらに片えくぼを深めたイーシンの泣きそうな笑顔が辛かった。けれど泣く訳にはいかない。きっと泣きたいのはイーシンの方だから。
「今までありがとう。イーシン。」
謝るなというイーシンの思いを尊重し、そう言って笑った。本当に自分は酷い人間だなと思いながら、ルハンは笑った。


春の爽やかな朝をルハンは清々しい気持ちで迎えていた。
イーシンには申し訳ない思いがあるが、それでも何か新しいことが始まりそうで頬が自然と持ち上がった。
「さあてと、仕事頑張るぞ~」
起き上がったベッドの上で天に向かい両腕を伸ばした。体と心がとても軽かった。




~終わり~


ランキングに参加しています。よかったら応援のぽちをお願いします。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


拍手、ランキングへのぽち、いつもありがとうございます。
関連記事

Comment

非公開コメント

| 2018.11 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

みむ子

Author:みむ子
K-POPグループEXOのBL妄想小説置いてます。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

デフォルトカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ